かこさとしこどもの行事しぜんと生活 6月のまき

個数:

かこさとしこどもの行事しぜんと生活 6月のまき

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月09日 19時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 36p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784338268066
  • NDC分類 K386
  • Cコード C8739

目次

6月の別のいいかた(日本)
衣がえ(6月1日ごろ)
歯がため(6月1日)/氷室の日(6月1日)
虫歯予防デー(6月4日)
芸事はじめの日(6月6日)
芒種(6月6日ごろ)
時の記念日(6月10日)
梅雨入り(6月11日ごろ)
田植えまつり
チャグチャグ馬コ〔ほか〕

著者等紹介

かこさとし[カコサトシ]
加古里子。1926(大正15)年福井県武生町(現・越前市)生まれ。1948年東京大学工学部卒業。工学博士。技術士。民間化学会社研究所に勤務しながら、セツルメント活動、児童文化活動に従事。1959年出版活動にかかわり、1973年に勤務先を退社後、作家活動とともに、テレビニュースキャスター、東京大学、横浜国立大学などで児童文化、行動論の講師をつとめた。また、パキスタン、ラオス、ベトナム、オマーン、中国などで識字活動、障害児教育、科学教育の実践指導などを行い、アメリカ、カナダ、台湾の現地補習校、幼稚園、日本人会で幼児教育、児童指導について講演実践を行った。土木学会著作賞、日本科学読物賞、児童福祉文化特別賞、菊池寛賞、日本化学会特別功労賞、神奈川文化賞、川崎市文化賞、日本児童文学学会特別賞、日本保育学会文献賞、越前市文化功労賞などを受賞。現在、科学、文化、教育に関する総合研究所を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

53
6月は水無月。衣がえ、歯がため、むし歯予防でー、芒種、芸事はじめ,時の記念日、ちゃぐちゃぐ馬こ,父の日、夏至、夏越のはらえなどの行事、言葉の説明あり。草人形の馬コ,たけのこからかさ,むぎわら人形、の作り方。手話のあいうえおの説明あり。2013/09/29

遠い日

7
春から夏へ。6月は季節が動くとき。雨を通して日本の気候を知る。衣替えで夏を感じる。子どもたちの目と心が外へ向けば、世界はまた広がる。2017/01/19

千尋

5
かこさとし先生の『こどもの行事しぜんと生活』6月の巻*6月になると、日本では本格的な梅雨の時期が始まります*その恵みの雨により、紫陽花やヤマユリなどの美しい花が野山にひっそりと咲きます*また6月の第三日曜日の「父の日」は、お父さんに感謝の気持ちを込めて薔薇の花を贈る日だそうです*2014/05/12

Aoki

4
伏月、鳴雷月、松風月、風待月。氷室朔日、芒種、漏刻、チャグチャグ馬コ。梅の実には青酸、筍、麦秋。おとうさんとダンス、宇宙遊泳、やっこおどり。蛍、ヤマユリ、アジサイ、ビワ、キイチゴ。夏至祭り、いつか行ってみたい。懐かしい指遊び、ひねショウガ、カエル。2012/07/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5047121

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。