パーシーシリーズ<br> パーシーと気むずかし屋のカウボーイ

個数:

パーシーシリーズ
パーシーと気むずかし屋のカウボーイ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784338246033
  • NDC分類 K949
  • Cコード C8397

内容説明

夏休みに、おじいちゃんの住む島へ。海水浴、魚釣り、昆虫採集、そして、大好きなピーアに会える。

著者等紹介

スタルク,ウルフ[スタルク,ウルフ][Stark,Ulf]
1944年ストックホルム生まれ。スウェーデンを代表する児童文学作家。1988年に絵本『ぼくはジャガーだ』(ブッキング)の文章でニルス・ホルゲション賞、1993年に意欲的な作家活動に対して贈られるアストリッド・リンドグレーン賞、1994年『おじいちゃんの口笛』(ほるぷ出版)でドイツ児童図書賞等、数々の賞を受賞

菱木晃子[ヒシキアキラコ]
1960年東京生まれ。慶應義塾大学卒業。スウェーデン児童文学の翻訳に活躍

はたこうしろう[ハタコウシロウ]
秦好史郎。1963年兵庫県西宮生まれ。広告、本の装幀、さし絵などの分野で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

aosora

6
スウェーデン、ウルフスタルクの作品。ウルフが友達のパーシーをおじいちゃんの家に招待しちゃう。おじいちゃんは子供が嫌いなのに。ウルフに感情移入して読めるので童心にかえった気になります。大人を、大人同士のやりとりを、子供はどう見ていただろう。自分もそうだったなぁ、と懐かしい気持ちになったり、男の子はこんな事考えてたんだ、とか。国は違っても、男の子って無茶で冒険好きで女の子の気持ちが分からず悩んでいる。コロナ次第だけど、年末は帰省したいな。子供の大切な思い出作りの機会を失いたくない。 2020/11/24

ヒラP@ehon.gohon

2
ウルフもパーシーもさらに成長して、思春期突入です。 血の兄弟の契りを結んだウルフとパーシーの夏休み。 おじいさんの住む田舎に家族で出かけたウルフに、招かれざる客(?)のパーシーが加わって、青春コメディが繰り広げられます。 頑固なおじいちゃんと、パーシーとのやりとり。 ウルフのあこがれるピーアとの恋物語。 スピード感のある展開がとても楽しいお話です。 少年たちの喫煙シーンが当たり前にしてあるので、親からするとちょっと心配な部分もありますが、スウェーデン社会のことということで少し割り引いて楽しんで下さい。 2011/11/18

lovemys

1
あー夏休み、夏休み!楽しい夏休みを思い出す(笑)やりたい事がたくさんありすぎて、毎日忙しかった夏休みを思い出す(笑)我が息子は、こんな夏休みを過ごしていないなぁ、と思うよ。憧れる夏休みだな。子どもは、夏の間に成長すると言うけど、本当だよね。夏にどれだけの経験をするかで、子どもは変わってくると思う。大人が介入できない夏のひと時、いいなぁ~と思う。そして、おじいちゃんの未だに続く恋もいいなぁ~♪何だか懐かしすぎて、せつな過ぎて、ため息でちゃうよ。所々に胸に響くセリフがあって、本当に読んでいて気持ち良い本でした2015/05/14

まーたろ

1
切なくて泣いてしまいました。10才でこんな経験するなんて、ウルフ、イイ男になるよ!おじいちゃんもとても素敵。ウルフのママが気の毒でとても他人事とは思えませんでしたが・・・。私もなんだかパーシーのキャラが変わったような気がしました。2009/10/28

わかな

1
前作、前々作に続き、ウルフとパーシーの成長した姿が見られる第3弾。ウルフの祖父は、作者・ウルフ・スタルクさんの実在の祖父をモデルにした思い入れの深い作品ということで、いろいろな感情を呼び起こしてくれる濃い一冊でした。友情って、いいなぁ!って心から思えました^^2009/10/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/501180

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。