ウォーリアーズ〈2〉ファイヤポー、戦士になる (ポケット版)

個数:

ウォーリアーズ〈2〉ファイヤポー、戦士になる (ポケット版)

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 420p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784338240024
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8397

内容説明

飼い猫だったラスティーは、野生の本能に目覚め、野生猫の部族のひとつサンダー族に入った。四部族ある猫の部族の間では、戦いや友情、裏切りが渦巻いていた。そんな中、ラスティーはファイヤポーという名前をもらい、見習い猫として特訓の日々を送った。そして、大きな戦いのあと、戦士になる道が開かれたのだが…。人間の知らない猫たちの物語。

著者等紹介

金原瑞人[カネハラミズヒト]
法政大学教授。翻訳家

高林由香子[タカバヤシユカコ]
埼玉県生まれ。バンコクで育つ。早稲田大学商学部卒業後、外資系銀行勤務ののち、翻訳をはじめる。数々の絵本翻訳コンテスト、児童文学翻訳コンテストで受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェルナーの日記

206
前作にて”見習い戦士”から正式な”戦士”へと昇格したファイヤー・ポー。昇格したことで名前もファイヤー・ハートへと変わる。彼らの住む土地には4つの野良猫部族が存在する。ファイヤー・ハートが所属するサンダー族。その他にシャドウ族、ウィンド族、リヴァー族である。それぞれの部族が縄張りを守り、反目しあっているが、時にはより大きな問題を抱えた場合は協力することもあった。一人前になったファイヤ・ハートは部族のため任務を全うしようとするが、様々な問題が持ちあがる―― 2019/03/31

ペグ

58
ファイアポーから、ファイアハートに昇格。八面六臂の大活躍!2021/08/14

Amy

15
途中でどきどきして何度か本を閉じて間を置いた。それくらい主人公ファイヤーハートの心情と読み手がリンクしてしまう。私はつくづく戦闘好きではないと再確認。でも、やはり続きは知りたい。また本を開く。部族の中に1匹はいる看護猫の存在にすごく惹かれている。今飼い猫で体調悪い子がいるの。よい治療法を教えて欲しい。人間よりよく知ってるはずなのに。2014/03/21

こうたろう

3
★★★★★★★★★☆2021/04/17

ふぃすか

3
原書既読。プリンセスって姉だったのか…。ずっと妹だと思い込んでた。日本語だと限定した方が自然だけど英語はそうでもないからなぁ。まぁどっちでもいいじゃん…という話ではある。「グレーストライプの"恋は盲目"」という副題をつけたいような巻だった。ブラクンポーは色んな意味で貧乏くじ引きまくりだと思う。いい猫なのにね。気の毒。明るいニュースはサンドストームが友好的になったことくらいだよなぁ、この巻。(クラウドキットは?!)2009/04/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/157140

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。