アジア各国のABCとインドネシア語

個数:

アジア各国のABCとインドネシア語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月20日 12時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 47p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784338197045
  • NDC分類 K802
  • Cコード C8387

内容説明

アジアでも「ABC」が使われている…!?インドネシアのABCを紹介します。

目次

1 アジアのABCいろいろ(ABCが、アジアの文字!?;インドネシアのABCってどんなの?;昔はこんな文字を使っていた!;インドネシアの文字の歴史;ABCって何?;マレーシアのABC;フィリピンのABC;ベトナムのABC;日本のローマ字にそっくり?;インドネシアのABCを読んでみよう)
2 かんたんなインドネシア語をおぼえよう(あいさつ言葉からはじめよう;自分のことを紹介しよう;インドネシアを探検しよう!;食べにいこう!;学校はどんなかな?;インドネシアのじゃんけんをしよう!)
3 もっと知ろう!アジアのABCと、アジアの国々(0から10まで、数えてみよう;もっとインドネシア語をおぼえよう)

著者等紹介

降幡正志[フリハタマサシ]
1967年、東京都生まれ。東京外国語大学外国語学部インドネシア・マレーシア語学科卒業。在学中にインドネシア教育文化省ダルマシスワ奨学金を得て、国立パジャジャラン大学(インドネシア・バンドゥン)へ留学、インドネシア語とスンダ語を学ぶ。その後、東京外国語大学大学院外国語学研究科(修士課程)修了。専門学校アジア・アフリカ語学院専任講師を経て、現在、東京外国語大学講師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

インドネシアやマレーシアなど、アジアの国々で使われているラテン文字のつくりや読み方、簡単なインドネシア語を文化や習慣とともに紹介。   小学校高学年~