ドーム郡シリーズ<br> 虹への旅

個数:

ドーム郡シリーズ
虹への旅

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月04日 20時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 438p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784338193023
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

とんでもない嘘をついたため、アイザリアでの戦いをやめさせるべく、むかし連れさられたという王女をさがしに旅に出た森の民の見習い、マリオ。しかし、そのゆく手にはマリオが想像もできなかった難関が待ちかまえていた。はたしてマリオは王女を見つけ、戦いをやめさせられるのでしょうか……。   小学校高学年~

内容説明

広大なアイザリアへと舞台を広げ、戦争と平和、心の強さと弱さを描く。

著者等紹介

芝田勝茂[シバタカツモ]
石川県に生まれる。「虹へのさすらいの旅」で児童文芸新人賞受賞。「ふるさとは、夏」で産経児童出版文化賞を受賞

佐竹美保[サタケミホ]
富山県に生まれる。イラストレーターとして、SF、ファンタジー、児童書の世界で活躍中
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しゅわ

28
【図書館】ドーム郡シリーズ第二弾はアイザリアでの戦いをやめさせるため、むかし連れさられたという王女をさがしに旅に出たマリオの物語。嘘つきで有名だったマリオが“森の民”になって生きる決心をし、そして旅といくさの中で成長してゆく…そんな王道ファンタジーです。前作の主人公・クミルや あの夏祭りが“伝説”として語られていることに、このシリーズの壮大さを感じます♪ 大切なものを守るために戦うということ、そして平和と自分に出来ることとは?と考えさせられます。2015/07/04

きゅー

1
読み始めてしばらくは、1作目のかかしの過去の話かな~と思ってた。けど、あれ?未来やったん?!まったくの別人?!みたいな…(笑) かかしはどうなったのかなあ。3作目で出てくるのか…気になる。   あと、1人1人が自分の心と向かい合い、弱さに打ち勝っていこうとすることの大切さが、まっすぐに伝わってきた。みんなが平和を望んでいる。それならば、誰かに頼っていてはいけない。1人1人がいくさを止めようと行動しなければ。……深く心に残った。なかなかに、本当に、難しいことだけれども。2014/03/30

ohsui

1
「きっと王女の肩から背中には、今でも鷲の爪跡がある」 このシーンがとにかく印象に残っていて、初めて読んだ(であろう)、 小学生くらいの頃から、20年以上に渡って追い求めていた一冊。 一人のほら吹きと森の民、そして少女の物語、 想い出補正を差し引いても、とても優しい物語だと思います。 一言一句に浸りながら、じっくりと読ませていただきました。 2013/03/04

しのさん

1
ドーム群物語の2作目。1作目から読みたかったのだが、見つからない。1作目の内容を覚えていないので前作とのつながりはわからないが、これはこれで面白い。2013/04/22

東美優

0
嘘つきマリオと言われていたけど、ナチカとパムリンを助ける為に旅に出て、見事にナチカとパムリンを助けたところが印象に残った。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/466713

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。