かこさとし大自然のふしぎえほん<br> 天地のドラマすごい雷大研究

個数:

かこさとし大自然のふしぎえほん
天地のドラマすごい雷大研究

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年04月19日 13時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 26p
  • 商品コード 9784338161084
  • NDC分類 K451
  • Cコード C8744

出版社内容情報

まぶしい光! なりひびく大きな音! 雷はどのようにしておこるのでしょうか? 雷大研究のはじまりはじまり……。余談:江戸時代最強の力士で、254勝10敗、優勝25回は古今第一といわれる雷電為衛門。   小学校中学年~高学年

内容説明

まぶしい光!なりひびく大きな音!雷はどのようにして、おこるのでしょうか?雷大研究のはじまりはじまり…。

著者等紹介

かこさとし[カコサトシ]
1926年福井県生まれ。東京大学工学部応用化学科卒業。有機合成化学、石油化学を専攻。民間化学会社研究所勤務のかたわら、セツルメント運動、教育文化活動に従事。工学博士、技術士。1973年以降、テレビコラムキャスター、東京大学、都立大学、横浜国立大学、山梨大学などの講師を歴任。現在、人間の営みや社会の動き、自然のしくみをテーマに、子どもたちの意欲、感性、興味にあったおはなしや絵本の創作に取りくんでいる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

57
静電気。氷、あられが雲の中でぶつかって帯電。地面に誘導電気ができ、火花(spark)が。落ちる雷と登る雷あり。行ったり来たりがいなびかり。光、音、電波。注意:もつな、たつな、でてゆくな。雲と電離層の間、金星や木星でも雷が。世界で雷の多い地域、アフリカ南部、南アメリカ、インドネシア、アメリカ東部、南西部、インド東部などなど。点検・校閲:北川信一。2013/10/05

ochatomo

13
わかりやすい 雲の中の小さい氷の粒と霰の激しい動きで電気がたまり、圧力が高くなると空気の壁を破ってスパーク 落ちるだけでなく上る雷もある 観察する際の注意も丁寧 『鉄筋のはいった建物や自動車、電車、飛行機のなどの中にいれば安全です。木でつくった家では雷の電気が入ってくることがありますから、電気器具のそばや、電線、水道管のあるところからはなれているようにしましょう。』 2001刊2019/03/28

かいゆう

8
夏と冬で雷が多い地方が違うのが興味深いところ。理由が分かって納得。日本もだけど、世界での雷の日数とかも地図で表すと一目瞭然。実に特徴的です。ちょっと前に何かで雷の光は地面から雲にのぼる時に光るというのを見て、上から落ちてると思ってたのでビックリしました。でもでもでも実は上から下へ、下から上へ何度も電気は移動しているという事実にさらにビックリ‼︎夏と冬の雷の違いも分かって勉強になりました。子ども向けの本だけど、息子は理解できるかな?2013/11/02

こどもふみちゃん 

5
以前読んだかこさとしさんの雲の本にも(?)確か、雷の事が載っていましたが、この本はさすがに、タイトルから雷とあるだけに、雷について結構詳しく書かれていました。6・7・8・9・10歳向け。2012/08/28

Sakiko_Mukai

0
夏だけじゃない冬の雷もある。また読みたい。2017/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/385289
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。