東日本大震災と社会教育―3・11後の世界にむきあう学習を拓く

個数:

東日本大震災と社会教育―3・11後の世界にむきあう学習を拓く

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年05月23日 03時11分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 198p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784337506237
  • NDC分類 369.31

目次

序章 被災地で学ばれていること、被災地から学ぶべきこと
第1章 被災に人は何を思う(大震災を経てかんがえたこと;三・一一。その日突然世界は一変した)
第2章 復興の現場で人は何を学ぶ(座談会・自治による再生の可能性―東日本大震災・原発災害から立ちあがる力を飯舘村にみる;大船渡市赤崎地区公民館の避難・復旧経験に学ぶ ほか)
第3章 震災に社会教育職員は(公民館が避難所となった三カ月;大地震を経験して ほか)
第4章 被災から人々がたちあがるために(コミュニティは大きな家族;私とりんごラジオ ほか)
第5章 三・一一後の社会教育論にむけて(震災後に向き合う主権者形成への課題;被災地支援の学びと連帯―再生にむけた「社会を創る学び」 ほか)
終章 おわりにかえて

著者紹介

石井山竜平[イシイヤマリュウヘイ]
東北大学大学院教育学研究科准教授。九州大学教育学部助手、静岡大学教育学部助手・助教授などを経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)