吉田健一に就て

個数:

吉田健一に就て

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2024年04月19日 15時33分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 552p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784336075376
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

吉田健一、万華鏡。文明、言葉、近代、酒肴酒、文学的交遊…19人の気鋭の執筆者が、最後の文士・吉田健一の新世界を乱反射。

目次

1 文明
2 言葉
3 近代
4 酒肴酒
5 文学
6 文学的交遊録
7 吉田健一頌

著者等紹介

川本直[カワモトナオ]
1980年生まれ。小説家・文芸評論家。著書に『ジュリアン・バトラーの真実の生涯』(読売文学賞、鮭児文学賞、みんなのつぶやき文学賞国内第一位)ほか

樫原辰郎[カシハラタツロウ]
1964年生まれ。映画監督・文筆家

武田将明[タケダマサアキ]
1974年生まれ。イギリス文学研究。東京大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kochi

12
吉田茂の長男であり、翻訳、評論等で知られた吉田健一(麻生太郎元総理の伯父さんでもある)を多様な観点からとらえた論評の集成(多分書き下ろし)。佐藤亜紀を読むために手に取ったのだが、多数の著者それぞれの吉田に対する思い入れや捉え方も違うので、内容は非常にバラエティに富んでいる。吉田の著作を読んだことがない(リンドバーグの訳書のみ)ため、本書を手に取ること自体、無謀だったのだが、同時代の作家たちとの関係(特に三島由紀夫との仲違いとか)や、彼の行きつけの店で現在も残るところなど興味が湧き、著書を読むぞと決意^_^2024/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21618150
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。