ミステリウム

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 315p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784336053183
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

小さな炭坑町に水文学者を名乗る男がやってくる。だが、町の薬剤師の手記には、戦死者の記念碑や墓石がおぞましい形で破壊され、殺人事件が起こったと書かれていた。語り手である「私」は、行政官の命により、これらの事件を取材することを命ぜられるが、その頃、町は正体不明の奇病におかされ、全面的な報道管制が敷かれ、人々は次々に謎の死をとげていた。真実を突き止めようと様々な人物にインタビューをする「私」は、果たしてその真実を見つけることができるのか…。謎が謎を呼ぶ、不気味な奇想現代文学ミステリの傑作。

著者等紹介

マコーマック,エリック[マコーマック,エリック][McCormack,Eric P.]
1938年スコットランド生れ。現在はカナダ在住。マニトバ州ウィニペグのセント・ジェローム大学教授

増田まもる[マスダマモル]
1949年宮城県生れ。早稲田大学第一文学部中退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

84
小さな町キャリックに住む人々が奇妙な症状と共に次々と死んでいく、その事件を解明する為に若き記者見習いが生き残りの人々とその事件の容疑者にインタビューをし謎を解いていく。というストーリーです。読み進める程に謎が深まり、恐怖が募ります。町人達が患った奇病は気持ちが悪く、その上で語られる自らの人生はどれもグロテスクで陰鬱なものでありその独白を繋ぎ合わせ、最後容疑者である男の供述で納得、のはずが全くそうでは無く真実が逆転し…主人公マックスウェルと共に迷路に迷った気分になりながら、読後は何故か大満足でした。2018/01/23

財布にジャック

71
こりゃまた、凄い作家さんに出会っちゃったようです。どんな内容か全く知らなかったせいもあり、引き返すことの出来ない迷路に閉じ込められてしまったような感覚でした。そしてこの本の毒気に当たってしまったようで胸が苦しいです。普通のミステリーの場合オチが解ってしまえばスッキリするものなのですが、この作品の場合はオチを読んでも、何故か立ち直れません。文章としては読み易いのに、とても難解な異色なミステリー(ちょっとホラー風味なのかも)でした。2011/08/31

coolgang1957

50
もう!慣れてない外国の本なんか読むから、図書館の締め切りがギリギリになってしもたやん😅村上春樹もびっくりのメタファーが散りばめられて、解読に四苦八苦😓舞台も何処か、スコットランド辺りかって炭鉱と天気で予想(どうやら当たってたらしい)結局なんの匂いやったんやろ。これも暗喩かな。マックスウェルくんが選ばれたんは、なんか関係してるんやとは判ったけど本人は気づいてなかったようです。まぁそんなこんなで感想もはちゃめちゃです🤣謎が解けたのかは微妙です。ただ事件にしたかった人は手記書いたあの人ですかね。一応完読。2021/07/19

藤月はな(灯れ松明の火)

42
語りで真実を掴めたと思ったらふとした会話や事実の判明でするりと抜けだしてしまう曖昧さに困惑しつつも真実よりも謎からの沈黙が好まれる現実では納得のラストでした。なんだか毒されたような気分です。私はこの本やミステリーを読み続けているとふとこんな思いに囚われます。「真実?それはそんなに大切なものなのか?」、「謎を解いたからといって何になるというのだ?」と。そして匂いについては真夏の熱せられたアスファルトが夕立によって匂い立つ匂いを感じましたが本当に私は大丈夫だろうか?2011/10/04

kana

35
第一部はとっつきにくく感じましたが、二部以降は一気読み。ラストで煙に巻かれるような事実が明かされることで、読後、目眩のするような、心地よい余韻に浸れました。もっと、ミステリウムの世界の霧の中に包まれていたかったなぁと思います。この作品を解釈することがまた新たな信用ならない事実を作り出してしまいそうなので、これ以上の言葉は慎みます。2011/05/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2090851

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。