長谷川伸傑作選
瞼の母―長谷川伸傑作選

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 344p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784336050236
  • NDC分類 912.6
  • Cコード C0093

内容説明

「こう上下の瞼を合せ、じいッと考えてりゃあ、逢わねえ昔のおッかさんの俤が出てくるんだ」番場の忠太郎は五つの時に生き別れた母親をたずねる旅をつづけていた―不朽の名作「瞼の母」ほか「沓掛時次郎」「一本刀土俵入」「雪の渡り鳥」など傑作戯曲を全七篇収録。

著者等紹介

長谷川伸[ハセガワシン]
1884‐1963。横浜生まれ。小学校を中退し、土木請負業の現場小僧や鳶人足など職を転々とし辛酸をなめる。二十歳のとき横浜新聞社に入社、都新聞に転じ、かたわら創作を開始。菊池寛に認められ「夜もすがら検校」によって文壇の地位を築く。昭和3年に発表した「沓掛時次郎」で、いわゆる“股旅”ものの流行作家となる。「二六日会」「新鷹会」といった勉強会を自宅で開いて、大衆作家の育成に尽力し、ここから村上元三、山手樹一郎、山岡荘八、池波正太郎、平岩弓枝らが育った(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kayak-gohan

22
映画や舞台等で名前だけは知っていた「瞼の母」、「沓掛時次郎」、「一本刀土俵入」等々、そしてその主人公たち。あらためて作品をきちんと読んで内容を知るとともに作者・長谷川伸の人となりに迫ってみようと思い傑作選三冊を購入。本編がその一本目。渡世人や博徒が登場するものばかりだが、そこで描かれるのは義理の重さを受け止めつつ、土壇場で見せる人間としての情。全作とも当時の市井に生きる庶民の暮らしぶりや地域の様子が丁寧に記述されており、背景に綿密な調査と考証があることを窺わせる。引き続き二本目の股旅を共に歩くこととする。2018/09/01

米内次郎

19
 タイトル含めすべて泣ける7戯曲。とにかく話のテンポとリズム最高。でも強引さ皆無。わくわくうひょひょ。七五調的突っ走りも一因だろうが、なんといってもセリフが極上。正義の絶叫のみならず、悪役の罵言雑言まで粋なセリフで溢れる。粋の中の粋なのだ。登場の正義側。多くは仁義の世界にどっぷり。心身肌身に憑依。情の為に闘う事と情の為に殺す事にほとんど差なし。その潔さは想い人へも…と思ったら…殺した後だよ悩むのは。しかもしくしくと切々と…!傑作揃い!私の一番は、雪の渡り鳥、否、全編落涙滂沱必須。長谷川伸、素晴らしい 2019/05/29

Shigeo Torii

0
表題作と沓掛--と一本刀--も3作のみ。活字にすると、こんなに短かいとは。芝居で(勿論一級の役者で)見たいものだ。2013/04/16

skydog

0
名作揃い。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/29538

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。