戦争と美術1937‐1945

個数:
  • ポイントキャンペーン

戦争と美術1937‐1945

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 05時19分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B4変判/ページ数 287p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784336049544
  • NDC分類 702.16

内容説明

美術は戦争をどう描いたか。アジア太平洋戦争下で制作された、戦争美術の代表作251点を集大成。歴史の暗闇から甦る幻の傑作。気鋭の批評家・研究者による論考・作品解説、当時の座談会や記事の再録、現所在不明絵画・彫刻の図版も網羅するなど、戦争美術の全貌に近づくためのさまざまな手がかりを収載。

目次

1 作品図版1―戦闘図・戦地での生活など、軍と兵士を取り巻く環境や、銃後の生活
2 作品図版2―大陸・南方、歴史画、仏画、象徴、彫刻、現所在不明作品
3 論考(戦後の戦争美術―論儀と作品の運命;「戦争画」をめぐる広大な密室―外へ;「作戦記録画」小史1937~1945;戦争画の行方1945~現在;戦争下のヨーロッパ美術研究;裏面から見た戦争記録画;戦争と日本の彫刻1937~1945;イギリスの戦争画とケネス・クラーク)
4 作品解説
5 資料

著者紹介

針生一郎[ハリウイチロウ]
1925年生まれ。東京大学文学部卒業。文芸・美術批評家。現在、美術評論家連盟会長

椹木野衣[サワラギノイ]
1962年生まれ。同志社大学文学部卒業。美術評論家。現在、多摩美術大学美術学部助教授

蔵屋美香[クラヤミカ]
千葉大学大学院修了。現在、東京国立近代美術館主任研究員

河田明久[カワタアキヒサ]
1966年生れ。早稲田大学大学院博士後期課程修了。現在、早稲田大学非常勤講師

平瀬礼太[ヒラセレイタ]
1966年生れ。京都大学文学部卒業。現在、姫路市立美術館学芸員

大谷省吾[オオタニショウゴ]
1969年生れ。筑波大学大学院博士課程芸術学研究科中退。現在、東京国立近代美術館主任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)