貴志康一 永遠の青年音楽家

個数:
  • ポイントキャンペーン

貴志康一 永遠の青年音楽家

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 05時32分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 402p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784336048189
  • NDC分類 762.1

内容説明

ベルリン・フィルを25歳で指揮した日本人がいた―。大戦前夜の日本・ドイツを舞台に、28年の短かすぎる生涯を華麗に駆け抜けていった伝説の音楽家、貴志康一。その波乱に満ちた人生を、遺族の証言と膨大な資料をもとに紡ぎだした渾身の評伝。

目次

第1章 芽ばえる才能(淀川のほとり網島そだち;多趣味な内弁慶 ほか)
第2章 海を渡る若葉(少年提琴家;人生の第二楽章 ほか)
第3章 迷えるつぼみ(大伯林の青春;日本青年の大いなる野望 ほか)
第4章 伯林に咲く華(鉤十字の旗の下で;メッキでない成功を ほか)
第5章 散らない桜(大計画;舞踏のような指揮 ほか)

著者紹介

毛利眞人[モウリマサト]
音楽ライター。1972年、岐阜県郡上八幡生まれ。高校時代より地元紙にコラムを寄稿。趣味が高じて大阪芸術大学に進学。二年で中退後、中古レコード店勤務を経てライターとなる。現在、NHK関西発ラジオ深夜便に「なつかしのSP盤コーナー」を持つほか、覆刻CDの原盤提供、データ監修などを行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)