無声映画芸術への道―フランス映画の行方〈1〉1909‐1914

無声映画芸術への道―フランス映画の行方〈1〉1909‐1914

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 330,/高さ 23cm
  • 商品コード 9784336034458
  • NDC分類 778.2
  • Cコード C0074

内容説明

映画の百科全書家ジョルジュ・サドゥールがその豊富な知識と経験を駆使してあらわした、映画史のバイブル。

目次

1908年から1920年までの映画製作の発展
フランスにおける文芸映画シリーズ1909‐1914
トラスト戦争(アメリカ1909‐1913)
ヴァイタグラフ社とバイオグラフ社の作品(アメリカ1909‐1913)
イタリアの黄金シリーズ1908‐1911
アメリカ映画の独立系製作者とトマス・H.インス1910‐1914
フランス喜劇派―マクス・ランデー,ボゼッティ,ジャン・デュラン1909‐1914
最後の夢幻劇、最初のアニメーション映画―メリエス、セグンド・デ・チョモン、エミール・コール
イタリア映画の大詰め―『クォ・ヴァヂス』から『カビリア』1908‐1914
デンマーク映画の到来1908‐1914