精神症候学 (第2版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

精神症候学 (第2版)

  • 濱田 秀伯【著】
  • 価格 ¥8,856(本体¥8,200)
  • 弘文堂(2009/12発売)
  • ウェブストア夏のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 410pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年08月26日 09時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 484p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784335651410
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C3011

内容説明

症候学は精神医学の根幹であり、常に立ち戻るべき総論である。長年にわたり好評増刷を重ねた内外に類のない労作が、疾患分類や用語改訂をふまえて全面的にリニューアル。最新の知見を盛り込むとともに、典拠文献を拡充し歴史的な考察を深化させて、より一層精緻になり重厚さを増す。精神科診療の揺るぎなき道しるべとなる臨床家必携「読む事典」の改訂新版。

目次

序説(症状、症候群、症候学;精神症候学の成立;力動精神医学の登場 ほか)
第1部 外観・行為の異常(年齢・性差;ライフサイクル;経過 ほか)
第2部 異常体験(意識の障害;自我と自我意識の障害;知覚の障害 ほか)

著者等紹介

濱田秀伯[ハマダヒデミチ]
1948年東京生まれ。72年慶應義塾大学医学部卒業。79~83年フランス政府給費留学生としてパリ大学付属サンタンヌ病院へ留学。医学博士。慶應義塾大学医学部精神神経科専任講師、助教授、准教授をへて客員教授、群馬病院長。専攻は臨床精神医学、精神病理学、フランスの妄想研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。