シリーズ生きる思想<br> 食品リスク―BSEとモダニティ

個数:
  • ポイントキャンペーン

シリーズ生きる思想
食品リスク―BSEとモダニティ

  • 神里 達博【著】
  • 価格 ¥2,700(本体¥2,500)
  • 弘文堂(2005/10発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 50pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月14日 17時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 378p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784335000584
  • NDC分類 645.36
  • Cコード C1395

内容説明

あらゆる食品が危険に見える。BSE、鳥インフルエンザ、O‐157、ダイオキシン、中国ではブタ連鎖球菌のアウトブレイク。「食」はなぜ「不安」となったのか。

目次

第1章 悪疫(千葉の乳牛;サーベイランス ほか)
第2章 科学の彼岸1―石鹸の泡(速歩、震撼、掻痒;病の名 ほか)
第3章 科学の彼岸2―モンスター(不死身;自己増殖 ほか)
終章 グレーな時代(「二〇〇二年食品パニック」;肉と香料 ほか)

著者紹介

神里達博[カミサトタツヒロ]
1967年生まれ。東京大学工学部卒、旧科学技術庁、三菱化学生命科学研究所を経て、(独)科学技術振興機構・社会技術研究開発センター(旧・社会技術研究システム)専門研究員。東京大学総合文化研究科博士課程単位取得。専攻は科学史・科学論。早稲田大学非常勤講師、東京農工大学非常勤講師、東京大学先端科学技術研究センター協力研究員を兼務。趣味は作曲とサイクリング(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)