シリーズ生きる思想<br> 感情の猿=人

個数:
  • ポイントキャンペーン

シリーズ生きる思想
感情の猿=人

  • 菅原 和孝【著】
  • 価格 ¥2,376(本体¥2,200)
  • 弘文堂(2002/08発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 44pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 357p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784335000522
  • NDC分類 489.9
  • Cコード C1395

内容説明

恐怖、嫉妬、怒り、悲しみ、他人の感情を人は本当に理解できるのだろうか。

目次

経験の直接性から―道ひらきのために
第1部 猿(崖の上のハレム―マントヒヒの所有と嫉妬;サルから見た世界―ベルベットモンキーの恐怖と警戒;表情をおびた身ぶり―少しひらかれた道;森の神の興奮―チンパンジーの現象学)
第2部 人(怒りと首狩り―感情の解釈学;言説の政治学―感情の文化的構築と身体化;感情生活の弁証法―グイ・ブッシュマンの性と愛;仲間であること―感情と言語行為)
感情、共在のエンジン―道はひらかれたか

著者等紹介

菅原和孝[スガワラカズヨシ]
京都大学総合人間学部教授。1949年東京生まれ。京都大学理学部卒。同大学院理学研究科博士課程修了。北海道大学文学部助手、京都大学教養部助教授を経て1997年より現職。専攻は人類学。ニホンザル、エチオピアの雑種ヒヒの研究から出発し、1982年より狩猟採集民グイ・ブッシュマンの調査に従事。研究テーマは身体、相互行為、コミュニケーション。感情論に続き、動物論、恋愛論を構想中
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。