“隠れビッチ”やってました。

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

“隠れビッチ”やってました。

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月02日 10時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 141p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784334978877
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報



あらいぴろよ[アライ ピロヨ]

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

75
タイトルの印象を覆される良書でした。いや、序盤の隠れビッチっぷりは本当にクズ的所業で共感はできません。でも自分を好きになれない、何か目に見える物で自分の価値をはかりたい、承認欲求を満たしたいという欠落感がある人は多いのでは…わたしも、人数ではないけど1人に対して凄く重く寄りかかっていたし社会的評価=自分の価値だったし親の育て方のせいでわたしがこうなった!とこじれていたので、終盤は何度か涙腺が緩みました。著者さんのように、夫が神なところも一緒。笑 本作・虐待父〜・ワタシはぜったい〜は三部作的に読みたい。2019/10/23

りりす

25
DV育ちで自分に自信がない著者は男性にモテることで自分を満たして生きて来たが、夢や恋人(夫)をきっかけに現実と向き合っていく。正しい事を言っているようで偏見に満ちていて引っかかる所もあり、絵や表現の可愛さで読めた感じがあります。ところで著者のお兄さん曰く恋人でなくても「3回デート代出したら一回やらせてくれないと男は赤字」らしく、その気持ちもわからなくはないですがお金払うことで買えるのは相手の時間とラッキーチャンスだけであって、体と尊厳ではないことを理解出来ない時点で残念な人なので、素人やめて風俗行くといい2019/08/13

夏希

23
自信がないから、男にチヤホヤされることで承認欲求を埋めるっていうのは分かるし、大学入りたてのときは、私もそんな感じで遊んでたこともあった。「ほんとの自分を好きになってほしい」って言うわりに、ほんとの自分を見せないのは矛盾してるだろ!と思われるかもしれない。だけど、ほんとの自分を好きになる人なんていないと思ってるから、相手の求める像を演じてしまうのだ。妙に共感してしまうあたり、もしかしたら私も「隠れビッチ」なのかも笑。最初は面白おかしく読めたけど、ページを進めるごときいろいろ考えさせられる一冊だった。2019/07/10

ルート

15
タイトルで好き嫌いわかれそうだけど、これはなかなか面白い本。作者はたしかにタイトルの通りの生活をしていて、友人たちにも愛想を尽かされていた。そこに自分を支えてくれる人が現れるけれども、なかなか向き合うことができない。信じることができない。それもそうだよね、あんな過去があったんだから…という話。著者の描く人間の内面の部分には、共感する部分がある人も多いと思う。このタイトルを見て、鼻で笑っちゃった人にこそ、読んでもらいたい作品。2020/01/31

こばまゆ

14
男性依存の話。最初の方は、嫌悪感いっぱいになり、こんな感じで進むなら読むのやめようと思って我慢して読んでた。途中、自分とやっと向き合うところに行きつき、苦しみながらも、自分と向き合う姿に惹きこまれた。いつまでも、自分から逃げることは出来ない。何も考えず簡単で楽な生き方をして、ボロボロ雑巾のくそばばあにならないうちに、子どもを虐待しないうちに自分と向き合っておけ。何かで他者で自分を埋めきれることなんて出来ない。他者に何かに捨てられるのが不安でしがみつくか、ゆがんだ渡り歩きするだけ。自分で埋めるしかないのだ。2016/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11183677

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。