• ポイントキャンペーン

世間の目―なぜ渡る世間は「鬼ばかり」なのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784334974428
  • NDC分類 304
  • Cコード C0095

出版社内容情報

★この本をお薦めします★~紀伊國屋書店札幌本店・福島 誠
○上司と一緒に食事に行った場合は上司より高いものを頼んではいけない。○プレゼントをもらったときは必ずお返しをしなければならない。○日本では法律の条文どおりに進めようとするとヒナンされる。なぜか(世間では)「そういうことになっている」、その構造を解き明かした名著。

内容説明

著者は「世間」を「日本人が集団になったときに発生する力学」と考えたい。これは個人の意思とは別に相対的に独立してあらわれる集団の意思そのものである。この意思はある種の強制力をもっている。「世間」が「権力」だといわれると、すこし違和感があるかもしれない。しかし「世間」はある場合にきわめて強力に個々の人間を拘束するようなチカラをもつ。私たちはそれには、抵抗するのが非常にむずかしい…日本人をつらぬく見えない掟。

目次

私が「世間」にこだわるワケ―ちょっと恥ずかしいが
世間学の基礎知識―「世間」はこんなふうにできている
医療と「世間」―日本人の臓器提供は「日頃のお礼」
学校と「世間」―イジメ・入学拒否はなぜおきる
職場と「世間」―過労死・過労自殺はなぜおきる
事件と「世間」(あたらしい身分制=「中世」のはじまり;子どもの大人化と「声の文化」の復活)
マスコミ報道と「世間」―明石家さんまはなぜ呼び捨てなのか
情報化社会と「世間」―プライバシーより優先されるもの
ネット社会と「世間」―どこまでいっても個人がいない

著者等紹介

佐藤直樹[サトウナオキ]
1951年仙台市生まれ。81年新潟大学修士課程卒業。84年九州大学大学院博士課程修了。専門は刑事法学、現象学、そして世間学。現在、九州工業大学情報工学部教授。99年「日本世間学会」創立に初代代表幹事として参画。福岡市在住
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。