WHAT HAPPENED―何が起きたのか?

電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

WHAT HAPPENED―何が起きたのか?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 513p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784334962203
  • NDC分類 314.895
  • Cコード C0031

出版社内容情報



ヒラリー・ロダム・クリントン[クリントン ヒラリー.ロダム.]
著・文・その他

?山祥子[タカヤマ ショウコ]
翻訳

内容説明

歴史上、最も論争的で結果が予測できない大統領選の最中に、彼女は何を考え、感じていたのか?憤怒、男性上位主義、気持ちの激しい浮き沈み、フィクション以上の不可解さ、ロシアの妨害、そして、全てのルールを破る対抗者―嵐のような日々から解き放たれ、初めて大政党の大統領候補となった女性としての強烈な体験を白日の下に。ドナルド・トランプのような人間と大統領選を戦うとはどういうことか?彼女が犯した過ちとは?衝撃的で破滅的な結末とどう折り合いをつけたのか?そして、元の自分に戻るための力をどのように得たのか?全米大ベストセラー、待望の邦訳!

目次

1 忍耐
2 競争
3 姉妹であること
4 理想主義と現実主義
5 苛立ち
6 立ち直る力

著者等紹介

クリントン,ヒラリー・ロダム[クリントン,ヒラリーロダム] [Clinton,Hillary Rodham]
アメリカの歴史上、初めて主要政党の大統領候補となった女性。40年にわたり、弁護士として子供や家族のための公共サービスを提唱してきたあと、2009年1月から2013年2月1日まで国務長官を務める。ビル・クリントン元大統領夫人、元上院議員、そして、母でもあり、祖母でもある

〓山祥子[タカヤマショウコ]
1960年東京都生まれ。成城大学文芸学部ヨーロッパ文化学科卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

garakuta@寝る三時間前に風呂を浴びると良い睡眠

11
図書館本:基本的にアメリカ大統領選挙がらみの本であった。選挙の風習や精神的な面での影響などが書かれている。2019/01/19

田中峰和

9
ヒラリー自身によって敗北の原因と恨みが語られる。女性初の大統領が実現しなかったのは民主主義陣営最強の国でも、性差別が根強いことを証明した。女性参政権後、わずか100年、ヒラリーの強すぎる正義感が受け入れられなかった。最強を求める国家と国民には正義感より強いリーダーの佇まいが求められたのだ。彼女が悔やむメール問題は、当時ヒラリーの首を絞めただけでなく現政権まで窮地に追い込む要因だが、最大の原因は女性だったこと。ブッシュが悪の枢軸と決めつけた金家と面と向かってディールするトランプの男性性が求められていたのだ。2019/03/04

hana87

8
後進の女性へのエールが、とにかく力強い。やわやわした女性活躍推進とは、桁が違う。政治家だから、この本にもいろんな駆け引きや計算があるのかもしれないが、女性として初の大統領になることの意義を誰よりも信じてたからこその悔しさに、本当に心動かされた。2018/11/16

ふみりな

4
まさかクリントンが落選しトランプが当選するとは、日本人の感覚からは予想できなかったと思う。本書を読んで民主主義の最も進んだ国のはずのアメリカが、如何に不安定で脆い社会的環境下にあるのか理解した。これは共和党支持、民主党支持という表面的なものでなく、その底に粘っこくからみついている社会への不満、不安、羨みの塊の恐ろしいほどの大きさだ。2020/10/31

よしたけ

4
ヒラリーによる2016年米大統領選の総括、政治人生の想起・理念の考証。敗北に関して少々言い訳がましい記述もあるが、政治理念は素晴らしい(全ての人の大統領を目指し、国民の声に耳を傾ける。困窮する人のために、1%の富裕層に増税し富を再分配する)し、トランプの破天荒ぶり及びアンチ・ヒラリーの記者達による執拗な追求により、本来あるべき政策論争に光が当たらなかったことは不憫極まりない。また、多くの女性たちを阻む「ガラスの天井」の高さも改めて感じられた。有能な政治家であることは疑いなく、再度の活躍に期待したい。2018/09/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12990794

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。