24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月24日 21時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 471p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784334962180
  • NDC分類 312.53
  • Cコード C0031

出版社内容情報



デビッド・リット[デビッド・リット]
著・文・その他

山田美明[ヤマダ ヨシアキ]
翻訳

内容説明

歴史に残る名演説の舞台裏。お笑い担当スピーチライターが描く、オバマ大統領の素顔とホワイトハウスの内幕。エスクァイア誌ブックオブザイヤー。ニューヨークタイムズベストセラー。

目次

序 エアフォースワンのルッコラ・サラダ
第1部 オバマ・ボット(有頂天;ホワイトハウスの仕事につかない方法;採用決定;権力の回廊;トイレのサーモン ほか)
第2部 私たちが歴史に占める(ささやかな)場所(ヒトラーとリップス;煉獄のジュース;聖なる闘い;一文なし;バケツ ほか)
終 サソリを踏みつぶす

著者等紹介

リット,デビッド[リット,デビッド] [Litt,David]
2011年にホワイトハウスに入り、2016年に退任するまで、大統領および大統領上級スタッフのスピーチライター特別アシスタントを務める。「大統領の笑いのミューズ」と呼ばれ、2009年からオバマ大統領のスピーチのジョークを担当するようになり、毎年恒例のホワイトハウス記者晩餐会で4回、主任ライターを務めた。現在は、アメリカン・コメディの動画サイト「ファニー・オア・ダイ」のワシントンオフィスのヘッドライター/プロデューサーを務める。ワシントン在住

山田美明[ヤマダヨシアキ]
英語・フランス語翻訳家。東京外国語大学英米語学科中退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Willie the Wildcat

58
政治観と仕事観に垣間見る変化への思いが、行動力の源泉。機会創出は巡り合わせにも左右。BBが象徴となり、二期目の選挙運動の精神的退廃を抱えながら、NAACPのスピーチで集大成。燃え尽き症候群。最終出社日に、荷物を抱えて振り返った雪が舞うホワイトハウス。もれなく貴重な人生経験。JFK空港に向かう機内で見た演説が転機であり、そのJFK空港の混乱で本著を〆る複雑な心境。政治の世界と、その後も繋がり続けていると推察。本筋以外で印象的なのが、お気に入りの画家の1人ロックウェル氏の『自由の女神』の件。正に、USA! 2019/03/21

はるき

28
アメリカ人だったら興味深く読めるんでしょうが、私にはちと現実感が薄いかな。ユーモアと自虐を織り混ぜながらの自己主張。日本人にはなかなか真似ができません。2018/06/28

おおた

23
24歳の僕がって言うけど、オバマのスピーチを考えるチームは基本30歳以下だったようで、そのくらいの年齢の方が柔軟で国民に分かりやすい文章を考えることができた、ということなのかな。著者はちょっと引いてしまうくらいの民主党支持者で、そこから人生が変わっていく様子はおもしろかったが、ある程度はコネもあり。とはいえ、日本の総理大臣のスピーチライターと言われた人との年齢を比べると、オープンな社会で若いうちから大きな経験ができることが国の勢いともつながってるように見えた。2019/09/11

たらお

21
世界が良い方向に変わるのではないかと感じさせた「我々ならできる。」という力強いスピーチを筆者が書いた訳ではありません。大統領の専属のスピーチライターは多数おり、著者はジョーク担当。若者なりの失敗はありますし、共和党による攻撃、オバマケアが準備不足でスタートしたことで支持率が下がっていく時期とも重なり、「政治で世界は変えられない」と、オバマ政権末期28歳で退職を決めます。道徳的なこと、正義と思われることが政治の世界では通用しないことが書かれており、サクセスではなく青春の挫折といったストーリーです。2019/03/24

くさてる

17
とっても面白かった。題名通り、オバマ大統領のスピーチライターを務めた青年の体験記です。失敗談も成功談もふんだんに盛り込まれていて、一種のサクセスストーリーとしても面白いんだけど、それ以上に「政治」「公職:とはなにか?というところまで踏み込んでいて興味深い。ホワイトハウスで働くとはどういうことか、オバマ大統領ってどんなひと?みたいな疑問にも答えてくれます。軽いアメリカンジョークが満載なので、そういうのに抵抗あるかたは慣れるまで辛いかな?でもそれだけアメリカはジョークが大事な国だということもわかる本です。2018/07/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12863307
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。