24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月07日 10時32分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 471p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784334962180
  • NDC分類 312.53
  • Cコード C0031

内容説明

歴史に残る名演説の舞台裏。お笑い担当スピーチライターが描く、オバマ大統領の素顔とホワイトハウスの内幕。エスクァイア誌ブックオブザイヤー。ニューヨークタイムズベストセラー。

目次

序 エアフォースワンのルッコラ・サラダ
第1部 オバマ・ボット(有頂天;ホワイトハウスの仕事につかない方法;採用決定;権力の回廊;トイレのサーモン ほか)
第2部 私たちが歴史に占める(ささやかな)場所(ヒトラーとリップス;煉獄のジュース;聖なる闘い;一文なし;バケツ ほか)
終 サソリを踏みつぶす

著者等紹介

リット,デビッド[リット,デビッド] [Litt,David]
2011年にホワイトハウスに入り、2016年に退任するまで、大統領および大統領上級スタッフのスピーチライター特別アシスタントを務める。「大統領の笑いのミューズ」と呼ばれ、2009年からオバマ大統領のスピーチのジョークを担当するようになり、毎年恒例のホワイトハウス記者晩餐会で4回、主任ライターを務めた。現在は、アメリカン・コメディの動画サイト「ファニー・オア・ダイ」のワシントンオフィスのヘッドライター/プロデューサーを務める。ワシントン在住

山田美明[ヤマダヨシアキ]
英語・フランス語翻訳家。東京外国語大学英米語学科中退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



デビッド・リット[デビッド・リット]
著・文・その他

山田美明[ヤマダ ヨシアキ]
翻訳

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件