(激)トーク・オン・ディマンド<br> 暴走する検察―歪んだ正義と日本の劣化

個数:

(激)トーク・オン・ディマンド
暴走する検察―歪んだ正義と日本の劣化

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月12日 09時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 304p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784334951870
  • NDC分類 327.04
  • Cコード C0095

出版社内容情報

国際的に批判される日本特有の人質司法、検事長の定年延長問題を端緒とした検察庁法改定案など、問題山積みの「司法の闇」を語る。

内容説明

「黒川問題」であぶり出された官邸・メディアとの癒着、ゴーン逃亡から見る「人質司法」、「作られる」自白、進まぬ取調べの可視化…巨大権力機関はどこに向かっているのか。日本に巣くう司法問題の暗部を問う。

目次

第1章 ゴーン逃亡が日本人に問うもの
第2章 こうして私は冤罪をでっちあげた
第3章 やはり和歌山カレー事件は冤罪だったのか
第4章 これでは取調べの可視化が進むわけがない
第5章 焼け太りの盗聴法改正に待った!
第6章 日本が人質司法をやめられない理由

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よおこ

5
検察が酷いのは知ってたけど、ここまでやばいのはびっくり。無罪である人間が、拷問まがいの長い勾留の末、きっと偉い裁判官だったら正当に裁いて無罪判決を出してくれるだろうと甘い信頼を寄せて、つい間違った自白をしてしまったら大変なことになる。 でも宮台さんの、進学校に上がって東大入るような同級生に組織に反して正義を貫徹するような人間がいたかという問いかけに、なんか納得。たしかに模試の偏差値ばかり気にして、誰々に勝った負けたみたいな会話しかしてなかったな…。2021/12/05

おやぶたんぐ

4
時事ネタをたたき台として、司法の問題に関するトークが展開される。構成上、内容が整理されておらず、本書で各問題の内容を一通り把握するというのは厳しいか。とりあえず、興味がある部分だけ読んでみるというのも手。2021/02/16

キミ兄

4
宮台真司の物言いにはちょっとうんざりするが、推定無罪の由来、抵抗権など勉強になる本だった。自分がもし犯罪に巻き込まれたらと思うとゾッとする。「それでも僕はやってない」の解説も面白い。☆☆☆☆☆。2020/12/19

Y Sー51

3
検察に権力が集中しているために暴走しがりである。 それを監視する立場の政治家は自分たちのお金のことに捜査が及ぶと逮捕される可能性があるし、マスコミは特捜検察の事件があったほうが視聴率が取れるから検察の権力集中について触れることができない。 この本を読むと警察、検察そして裁判所は推定有罪で動いているのだと思う。2020/08/24

のせなーだ

2
権力は正義から離れ腐敗する。冤罪の責任を取らない。行政機関を監視する文化のない国。一個人が法律のプロ相手から連日自白を迫られる人権侵害、異常な取り調べ空間。取り調べの部分可視化の危険。有罪率の99.9%の異常。起訴率の低さは犯罪者を助け、被害者を苦しめ続ける。公共性、公平性を欠いた検察。有罪証明の仕事より、自白させる能力を身に着けさせる。検察の不起訴権の乱用、起訴率の低さが大問題。検察が司法判断までしている。裁判前に有罪と決まっていて、裁判所は検察の求刑の7~8割の量刑を決めるだけ。人権尊重のない組織。2021/08/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16248417

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。