「一番」という生き方―95か月連続No.1を続ける私の自己ブランディング術

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

「一番」という生き方―95か月連続No.1を続ける私の自己ブランディング術

  • 桜井 野の花【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 光文社(2020/02発売)
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)
  • ポイント 70pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年06月27日 13時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 183p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784334951382
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0030

内容説明

歌舞伎町で一番有名なキャバ嬢。そして、キャバクラオーナー社長でもある桜井野の花が初めて明かす、トップを走るための「手の内」。自分を加速度的にパワーアップさせ、結果につなげる最強のテクニック、それは―“勝てる”場所を探すことからすべてが始まる。

目次

1 “桜井野の花”はブランドです(ブランディングをしなくちゃ、もったいない;自分が“勝てる”場所を探して ほか)
2 ブランドを育てる“コミュニケーション力”(初対面でのツカミがすべて;プレゼン・タイムは大げさに ほか)
3 ブランドを定着させる“継続力”(私の強み、それは集中して継続する力;凡人が天才に近づく唯一の手段 ほか)
4 “桜井野の花”を形づくるもの(ブランディングは“自分を変える”チャンス;私が整形を公表する理由 ほか)

著者等紹介

桜井野の花[サクライノノカ]
19歳で歌舞伎町のキャバクラデビュー、たちまちNo.1に。キャバクラ「桜花」「花音」のオーナー社長として経営に携わる一方で、自らもキャバ嬢として95か月連続No.1を誇る(2020年1月現在)。2018年、雑誌『小悪魔ageha』の読者投票による表紙争奪総選挙で初代女王の座に。SNS(インスタグラム・ユーチューブ・ツイッター)のフォロワー数は合わせて50万を超える。『「一番」という生き方―95か月連続No.1を続ける私の自己ブランディング術』が初めての著書(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

タナカ電子出版

23
人は自分自身を最大限信じきる事ができるのか?桜井野の花とは、キャバ嬢でありyoutuberであり整形手術を認める大阪出身の29歳女性である✨この本では自身をブランディングする事を提案してくれる📖なんです☺️すべての人に役に立つ内容でもないですが、自信過剰が凄い✴️人はこれぐらい自分に酔ってないと生きてはいけないのか❔根拠のない自信とはこれほどまでに気持ちいいのか👀‼️格好いい生き方とは、今しかできない事をする事かもしれない…2020/02/23

Miki Otsuka

2
選択が正しかったかどうか?ではなく、選択したものを正解にするために動くことを自分自身の基準としたいと思わせてもらった。 買って下さい、よりも 良かったらどうぞ。気に入ったらどうぞ。こう言える人間になりたい。2020/03/23

足立佑子

1
歌舞伎町のキャバ嬢として95ヶ月No.1を継続し、今はキャバクラオーナーや、メディア出演もしている桜井野の花さんの、ブランディングが学べる本。わたしはキャバ嬢ではありませんが、人付き合い、営業の仕事等に非常に活かせる内容でした。考えて動くことや、細かい努力の積み重ね、諦めない継続力が大切だと感じました。 2021/05/03

ひでおさん

1
どうでも良いけど、自分の知り合いが、まだそんなに売れていない頃の桜井野の花とアフターで足の裏の匂いを嗅がされている写真を見た時は衝撃だった。。その時はまだ知らなかったけど、こんなに有名なキャバ嬢だったんだと思いこの本を買いました! キャバ嬢がお客に足の裏の匂いを嗅がせるって、実際あり得ないですよね笑 2020/02/26

珈琲

0
昔読んだ2021/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15332144

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。