光秀曜変

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 392p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784334928568
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

明智光秀、六十七歳。織田信長、四十九歳。文武、芸術に優れながらも主君に恵まれず辛酸の半生を送ってきた明智光秀だが、信長と出会い、実力を遺憾なく発揮する。信長の横暴、肌の合わぬ秀吉との出世争いなど気苦労もあるが、常に全力で任務にあたり、家臣に信頼され、家族を愛する人物でありつづけた。その彼が、信長を討った。本能寺の変。山崎の合戦。刻々と変化する戦況にあわせ描かれる慟哭の巨編。

著者等紹介

岩井三四二[イワイミヨジ]
1958年岐阜県生まれ。一橋大学卒業後、会社勤務を経て1996年に「一所懸命」で小説現代新人賞を受賞しデビュー。1998年『簒奪者』(『兵は詭道なり 斎藤道三』に改題)で歴史群像大賞。2003年『月ノ浦惣庄公事置書』で松本清張賞受賞。2004年『村を助くは誰ぞ』で歴史文学賞。2008年『清佑、ただいま在庄』で中山義秀文学賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。