光文社知恵の森文庫<br> 埼玉「裏町メシ屋」街道旅

個数:

光文社知恵の森文庫
埼玉「裏町メシ屋」街道旅

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年09月26日 20時40分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334787899
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0176

内容説明

町の生活に根ざした店で食事をすることで、単なる観光では味わえないその土地ならではの文化や空気を感じたい―『東京「裏町メシ屋」探訪記』著者による、埼玉のメシ屋を辿る旅。旧街道沿いをメインに、歴史と文化、食が交差する。歩いては食べ、食べては歩き、銭湯で休んで最後に一杯。これまでになかった埼玉グルメ本。

目次

第1章 工場労働者が支えた川口―大衆食堂の記憶と、共働き世代の子供の聖地「ぼったら」
第2章 西川口~蕨 今昔物語―NK流から大陸中華へ、激変の西川口周辺を散策する
第3章 ラーメンショップ路線バスの旅―郊外ロードサイドの象徴「ラーショ」を味わい尽くす!
第4章 大宮~川越を繋ぐ痕跡―大宮の昭和残照から川越廃線跡うどん巡りへ
第5章 川越「裏町メシ屋」紀行―隠れご当地グルメで辿る“小江戸”じゃない川越
第6章 広大なるフライ文化圏―行田・熊谷・深谷の駄菓子メシ「フライ」を求めて
第7章 秩父盆地 極楽案内―秩父セメント廃線と、類まれなる盆地カルチャー

著者等紹介

刈部山本[カリベヤマモト]
1975年生まれ。埼玉県出身。大衆食堂や町歩きのライター。町の風景の記録や研究、その町ならではの飲食店でのインプレッションをブログやミニコミ同人誌「デウスエクスマキな食堂」シリーズでまとめている。ほか、情報誌やウェブサイトへのコラム執筆、メディア出演など活動は多岐にわたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。