光文社知恵の森文庫<br> 「他人の目」が気になる人へ―自分らしくのびのび生きるヒント

個数:
電子版価格 ¥756
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社知恵の森文庫
「他人の目」が気になる人へ―自分らしくのびのび生きるヒント

  • ウェブストアに67冊在庫がございます。(2018年08月22日 09時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 254p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334787035
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0111

内容説明

「友人が少ない人、つまらない人と思われたくない」「みんな自分のことをブスだと思っているに違いない」「キャラを演じなくては嫌われる」「メールには即返信しなくては」…。現代人はなぜこうも「他人の目」を気にするのか?要因となる“プチ・トラウマ”とその正体、克服法を精神科医が語る。

目次

第1章 なぜ「他人の目」が気になるのだろう?
第2章 「プチ・トラウマ」を癒すヒント
第3章 自信は「つける」ものではない
第4章 「評価される対象」から「感じる主体」へ
第5章 「他人」とはいったい何者?
第6章 3つの「つながり」があなたを変える
第7章 自分のルックスとのつきあい方(ケーススタディ)
第8章 行動を制限する「他人の目」とのつきあい方(ケーススタディ)
第9章 「他人の目」が気になる心を手放して、人生を広げよう

著者等紹介

水島広子[ミズシマヒロコ]
精神科医。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、2000年6月~2005年8月、衆議院議員として児童虐待防止法の抜本的改正などを実現。日本における対人関係療法の第一人者。現在は、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)、アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン(AHJ)代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



水島広子[ミズシマ ヒロコ]