光文社知恵の森文庫<br> ニトロちゃん - みんなと違う、発達障害の私

個数:
電子版価格
¥605
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社知恵の森文庫
ニトロちゃん - みんなと違う、発達障害の私

  • 沖田×華
  • 価格 ¥628(本体¥571)
  • 光文社(2013/09発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 25pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月13日 20時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 157p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334786335
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0195

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あん

75
沖田×華さんの、学童期を綴ったエッセイ漫画。アスペルガーなどの発達障害があまり知られていなかった時代に、協調性のない行動から問題児と位置付けられ、クラスメートや先生からイジメにあう姿に、胸が痛みました。コミカルに描かれているけれど、死を覚悟するほどイジメの実態は壮絶です。最後は良い先生と巡り会えたおかげで、ちょっとだけ救われますが、もしかしたら今もこんなイジメがあるかもしれないと想像すると怖くなりました。沖田さんのコミックエッセイに惹きつけられてしまったので、少しずつ読んでいきたいです。 2015/05/28

パフちゃん@かのん変更

55
発達障害という言葉が市民権を得たのは最近の話だし、肢体不自由でも脳性麻痺でもない著者の障害は外からは見えづらくワガママとかルールが守れない悪い子として扱われてしまったのでしょう。著者のような障害を持つ子にとって、集団行動を強いる学校という場は地獄だったと思います。そして鬼畜のような体罰教師やエロ教師。即刻クビと言いたいところだが、あとがきに他の子からは「あの先生良い人だったじゃん」と言われているように普通の先生だったのかもしれない。最後に川平先生に出会えてよかったね。2017/11/07

あやの

41
発達障害の概念がなかった頃の学校では恐ろしいことが行われていたんだなと思った。体罰も容認されていた時代だから、今では考えられないようなことも描かれていて、マンガなのに読むのが辛かった。発達障害の子どもに特性に合った指導をすることは、今は当たり前になっていているので、ここまでのヒドイ対応はないと思いたい。×華さん、よくここまで生き抜いたと思う。2019/01/14

カナ@バンバンビガロ

36
発達障害(自閉症スペクトラム)の娘に「世の中には自分だけじゃなくて同じく“私ってみんなと違うのかな…”って悩んで生きている人もいるよ」って伝えたくて、読ませたいなと思って手に取る。発達障害の著者の学生時代のことが描かれているんだけど、昔のこととは言え、先生が酷すぎて…娘に読ませていいものかどうか…迷う。今の先生方はもうちょっと発達障害に理解があるものと信じたい。2019/03/02

ネギっ子gen

31
発達障害の存在が、まだあまり知られていなかった時代。協調性のない行動から、問題児というレッテルを貼られるニトロちゃん。クラスメートばかりでなく、やがて先生からも酷いイジメを受ける……。ADHDとアスペルガーを併発する著者自身の体験を基に、過酷な学校生活を涙と怒りと笑いで描くコミック。2014年放送のNHKハートネットTV「弱点を笑い飛ばす 発達障害の漫画家・沖田×華」にて著者の名前を知り、番組内で紹介された本作を読んだ。それから数年後、『透明なゆりかご』が評判になり、TVドラマ化したことに喜んだっけ――⇒2021/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7318856
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。