光文社古典新訳文庫<br> アンクル・トムの小屋〈下〉

個数:
電子版価格
¥1,529
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
アンクル・トムの小屋〈下〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月19日 19時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 591p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334754761
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

ルイジアナ州の気の良い大農園主に買われ、その家の天使のような娘エヴァとも友情を結んだトム。だが運命の非情な手はトムから大切なものを次々と奪っていく…。読者の心情を揺さぶる小説の形で、奴隷制度の非人道性を告発し、米国社会を変革した、アメリカ文学の記念碑的作品。

目次

オフィーリア嬢の経験と見解(続き)
トプシー
ケンタック
「草は枯れ、花はしぼむ」
ヘンリーク
前ぶれ
小さな福音伝道者
エヴァの死
「これでこの世とお別れだ」―ジョン・Q・アダムズ
御許へ
寄る辺なき人々
奴隷倉庫
中間航路
暗い隅々
キャシー
クワドルーンの物語形見
エメリンとキャシー
自由
勝利
計略
殉教者
ジョージ坊っちやま

著者等紹介

ストウ,ハリエット・ビーチャー[ストウ,ハリエットビーチャー] [Stowe,Harriet Beecher]
1811‐1896。コネチカット州リッチフィールドで、神学者の父と、教養人の母の間に生まれる。1851年に週刊新聞に小説「アンクル・トムの小屋」を連載開始。翌年に二巻本として刊行されると、1年で30万部という当時としては異例のベストセラーとなる

土屋京子[ツチヤキョウコ]
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まふ

95
2年後、娘のエヴァンジェリンが結核にかかり亡くなる。主人のオーガスティンは突然家に押し入った暴漢に刺されて死ぬ。奥さんのマリーは実家に戻り奴隷達は売られて強欲な綿農家のリグリーの過酷な扱いを受ける。その奴隷溜りに5年間も住んでいる気の強いキャシーはアンクルトムの絶対的非暴力の姿勢に感化されつつもリグリーから隠れる。リグリーはトムをリンチして白状させようとするがトムは無抵抗のままキリスト教を信じつつ死ぬ。ジョージとイライザは無事カナダに逃げる…。アンクルトムの無抵抗の姿勢が悲しい。G1000。2023/06/24

優希

47
奴隷制度の非人情を告発した著書だと言わずに何と言いましょう。アメリカ文学でこのような問題提起をしているからこその記念碑的名作ですね。2023/05/17

ブラックジャケット

12
下巻では売られていくトムたちの船旅の時に、水に落ちた白人の美少女エヴァンジェリンを救ったことで運命が変わる。しかしエヴァの病死、また奴隷には優しいトムの主人も死んでしまう。トムたちは悪辣な南部の農場主リグリーに売られてしまう。神の使いのようなエヴァ、悪魔の成り代わりリグリー、と宗教色が強くなる。聖書からの引用は頻繁で、当時のアメリカ人の気持ちを強くつかんだ。事実、当時としては大ベストセラーで奴隷制廃止論に大きく寄与した。あまりに罪深い奴隷制に対抗するには、キリスト教精神で対峙するしかない時代性も感じる。 2023/11/10

そうたそ

10
★★★☆☆ 何年か前に、他の出版社から出ている抄訳版を読み、光文社古典新訳文庫から完訳版を出してくれないかなあ、と呟いていたものだが、本当に出版してくれる時が来るとは。完訳版は非常に長大で重厚な作品。作品自体の古さ、時代性などもあり、翻訳事態も決して楽な作業でなかったはず。漸く、こうやって完訳版を読めるようになったのは嬉しいことだが、初めて読む人は抄訳版から入ってもいいかもしれない。上下巻にわたるこの長さ、決して簡単では内容を読み通すのは、なかなか根気のいる読書だった。2023/05/01

Vincent

10
圧巻の幕切れ。感動的な場面が数多くありさすがに不朽の名作。キャラクターでは優しく賢いサンクレア氏がとくに印象的で彼と従姉オフィーリアの奴隷制度のバトルトークは名場面。『ガリヴァー旅行記』(スィフト)のフウイヌムとの意見交換を想起しました。2023/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20641986
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。