光文社古典新訳文庫<br> 同調者

個数:
電子版価格
¥1,529
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
同調者

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月17日 01時20分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 610p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334754730
  • NDC分類 973
  • Cコード C0197

内容説明

マルチェッロが殺人を犯したのは13歳のとき。以来、生活のなかでは「正常」であろうと努め、果てはファシズム政権下の政治警察の一員に。人並みな結婚を目前にある暗殺計画に関わるが、任務中に思わぬ感情の昂ぶりを覚え…。20世紀最大の小説家の一人による円熟期の代表作。

著者等紹介

モラヴィア,アルベルト[モラヴィア,アルベルト] [Moravia,Alberto]
1907‐1990。イタリアの作家。ローマ生まれ。9歳で患った脊椎カリエスで自宅とサナトリウムで長い療養生活を送る。サナトリウムを出て執筆を始めた処女作『無関心な人びと』(1929年刊)が大きな話題となり、以後、多くの長短篇小説のほか、評論、戯曲、旅行記など多岐にわたるジャンルで精力的に執筆活動を行った。またイタリア共産党から欧州議会に立候補して当選するなど、積極的に社会参加を行った。主な著書に長篇『無関心な人びと』『軽蔑』『倦怠』がある

関口英子[セキグチエイコ]
埼玉県生まれ。大阪外国語大学イタリア語学科卒業。イタリア文学翻訳家。『月を見つけたチャウラ』(ピランデッロ)で第1回須賀敦子翻訳賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

NAO

63
自分が異常だと感じてしまったがために、それを他人には知られまいとしたために、大多数の中の一人になりきろうとしたマルチェッロ。だが、その大多数も、一人ひとりをよくよく見ると実はみな一癖も二癖もある秘密を抱えた者たちだった。そして、自分の身を守るためにと属した多数派は、実は誤った理論を信奉していた・・。マルチェッロの悲劇は、しっかり自分の罪と向かい合わなかったことの代償なのか。ちゃんと自分で考えることなく多数派だということに安心して身を任せてしまったマルチェッロを、私たちは笑えないのではないだろうか。2023/05/14

藤月はな(灯れ松明の火)

56
両親から気に掛けてもらえず、弱きものを殺す残虐性を内包していた少年。幼い彼が罪を犯したのは自己防衛故だったが、罪の発覚を恐れる彼は「普通」になろうとする。時代の波に乗り、ファシストに所属し、義務的な結婚をした彼の今後は順風満帆に思えた。暗殺対象である恩師の若き妻に今まで抱かなかった恋慕を抱くまでは。今までの立場が崩れ去ろうとした時に今までの生き方の根底を覆される事実が明かされ、他者への思いやりが生まれるとは何て皮肉なのだろう。また、解説での映画のとある場面での解説と私が抱いた感想で差異があったのも印象深い2023/08/18

巨峰

38
ああ、20世紀の世界だな、20世紀の小説だなと、思った。青い空と日常と戦争と。リーナはそんなに良くは思えないのに何が良かったのだろうか?ラストの暗転をみると、モラビアという人はモラリストだったのかなぁ2024/01/12

かすみ

10
主人公の男性が子供のときの出来事をきっかけに、自分が正常であると思いながら生きていきます。古典で難しいかなと思いましたが、すらすらと読めました。2023/03/04

うさえ

5
イタリアにおけるファシズムの時代が舞台だが、政治小説や反戦小説ではない。体制側の諜報部員であるマルチェッロの視点で、物語は語られていく。内面に、絶望的なほどの哀しさ・寂しさ・恐怖を抱えた彼にとって、他者と同じ「普通」の人間として社会に紛れ込んで生きるのが何よりの優先事項であり、多くの人が支持するものを信じる(もしくは信じるふりをする)ことこそ「正しい」行為であった。その帰結が語られるエピローグを、我々は胸が締めつけられる思いで読むことになる。我が身の内のマルチェッロに気づき、改めて作品名に戦慄する。2023/04/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20535222
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。