光文社古典新訳文庫<br> アルプスの少女ハイジ

個数:
電子版価格 ¥1,386
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
アルプスの少女ハイジ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月04日 08時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 651p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334754457
  • NDC分類 943
  • Cコード C0197

出版社内容情報

世界中で愛されるスイスの児童書。小学校中学年以上。挿絵も多数。

内容説明

両親を亡くしたハイジは、アルプスの山小屋で暮らす祖父のもとに預けられる。月の光が差す干し草の寝床、山羊たちとの触れ合いなど、山の生活を満喫するハイジだったが、ある日、足の不自由な令嬢の遊び相手を務めるため、下山して都会の裕福な家に住み込むことに…。挿絵多数、完訳版。

著者等紹介

シュピリ,ヨハンナ[シュピリ,ヨハンナ] [Spyri,Johanna]
1827‐1901。スイスの作家。チューリヒ近郊の小村で、医者である父と宗教詩人である母の間に生まれ、高い教育を受ける。弁護士と結婚、出産後はうつにも苦しむが、社交界にも出入りするようになり、1871年に作家としてデビュー。多くの作品を残した一方、女学校の理事を務めるなど女子教育にも貢献した。代表作『アルプスの少女ハイジ』は前半部『ハイジの修業時代と遍歴時代』が1880年に、後半部『ハイジは習ったことを役立てる』がその翌年に発表された。その後『ハイジ』は50以上の言語に翻訳され、5000万部以上売れている世界的ベストセラーとなった

遠山明子[トオヤマアキコ]
1956年神奈川県生まれ。上智大学大学院でドイツ文学を専攻。ドイツ文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

134
友人のすすめで。よく知っている内容を改めて読み直している感覚に驚いた。子供の頃からハイジがとてもなじみ深いものであったかを実感。大人達はハイジをそばにいて欲しがる。そうでないのは、意地悪な人だけ。だからハイジの周りには善意が集まる。いいお話。すこし引っかかる。子供の頃も引っかかっていた。私はミルクが本当に嫌いなのだ。だからヤギのお乳が大切な栄養源であるここに暮らさなくちゃならないのはつらいなと最初に思ってしまう。そして、子供は愛すべき存在でなくても愛されるべきだと思う。大人の目線を感じてしまうのかな。2021/10/14

NAO

70
『アルプスの少女ハイジ』の新訳、完訳本。ハイジの話は、叔母の勝手な考えでアルムへ、またフランクフルトへと住いを変えられ、ホームシックになってアルムに戻るまでの第一部と、アルムに戻ったハイジがいかに周囲の人々を感化していったかを描いた第二部からなっている。ゲーテの作品に影響を受けて第一部は『ハイジの修行時代と遍歴時代』と名付けられており、作者がこの作品を教養小説として考えていたことがわかる。クララのおばあさんの言葉、それによって救われたハイジがおばあさんの言葉を伝えることで、アルムのおじいさんや⇒2021/10/08

てんつく

27
宗教色が気になるけど、ハイジの世界を楽しめた。読んでいるとアニメの場面が思い浮かび、丁寧に作られた作品だったのだなと思う。アニメではなかったおじいさんの過去は衝撃的だし、お医者さんの不幸も気の毒。2021/10/08

コニコ

22
今年最後の読書会は、どの本にしようかと思ってハタっと手に取ったのがこの本です。年初から『モモ』、『若草物語』、『秘密の花園』と読んできて、ぜひ少女が主人公のハイジに登場してもらおうと思い立ちました。アニメの印象が強く、原作を読んだことがなかったのですが、大人になって完訳を読むとハイジを取り巻く人物たちの背景や、スイスやドイツの時代が察せられて感慨深いものがありました。宗教色が殊のほか強いことも発見です。巻末解説の著者、シュピリの生涯も、鬱病に悩まされたものだと知り、驚かされました。2021/10/04

北風

11
また、ハイジ。偕成版、角川文庫版と読んできて今度は光文社版。クララが夏にハイジのいるアルムにいくあたりが、夏休みっぽくていい。山の上は涼しいでしょうね。光文社あたりだと随分と大人向け。このあたりは宗教的な内容が含まれているからですかね。やはり子供向けとは事情が変わってくる気がする。コレクションしてるつもりはないけれど、ハイジと小公子と秘密の花園は鉄板。でも、どれもじいさんが子供に萌える話しじゃん……。ハイジの角川版も新しい表紙で出てみたいだし、そっちも購入しようかな。2021/07/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18145329

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。