光文社古典新訳文庫<br> ペーター・カーメンツィント

個数:
電子版価格 ¥869
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
ペーター・カーメンツィント

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月27日 18時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334754044
  • NDC分類 943
  • Cコード C0197

内容説明

豊かな自然のなかで育ったペーターは、文筆家を目指し都会に出る。友を得、恋もしたが、都会生活の虚しさから異郷を放浪した末、生まれ故郷の老父のもとに戻り…。青春の苦悩、故郷への思いを、孤独な魂を抱えて生きてきた初老の独身男性の半生として書きあげたデビュー作。

著者等紹介

ヘッセ,ヘルマン[ヘッセ,ヘルマン] [Hesse,Hermann]
1877‐1962。ドイツの作家。両親はキリスト教伝道者。神学校に進むが学校生活になじめず、神経を病み退学。その後も高校を退学、3日で書店を退職するなど挫折を繰り返す。しかし独学で勉強し、27歳で出した初めての小説『ペーター・カーメンツィント』で成功を収め、有名作家となる。主な作品に『車輪の下で』『デーミアン』『シッダールタ』『荒野の狼』。1946年ノーベル文学賞受賞。1962年脳内出血のため自宅で就寝中に死去

猪股和夫[イノマタカズオ]
1954‐2016。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

55
ヘッセの処女作。とても素晴らしい作品でした。主人公・ペーターと様々な人とのふれあいが愛おしい。特に障害者・ボッピとのやり取りには心温まりました。ペーターは様々なことを通じて人間の深いところを知っていったのだと思います。2021/05/06

ころこ

37
「どうしてこんなに悲しく、生きていくことが下手なのか」死ぬのはヒロイズムなので、死ぬということが、一廉の者になれなかったり、恋愛を成就できなかったりしても、それらと見合う意味が自分の生と釣り合いを取ってくれます。そうではない人生がある。しかも恐らくそういう人生が普通なのだ。主人公が独身で死なない、これが本作の特徴です。冒頭、自然の描写が続き、他のヘッセ作品よりも読み辛いという印象を受けます。同時に、後年の作品は人物の輪郭を際立たせるために、自然描写を切り落としていたのだということに気付きます。しかし自然描2021/11/07

nami

21
近頃読んだ本の中で最も強く胸を打たれた。社会に上手く馴染めず、孤独な魂を抱えた独身男性の生涯を綴った本著は「荒野の狼」や「シッダルタ」と比べると素朴な雰囲気で、華々しさといった点では些か劣るような気はするが、読み終えた後は、如何なる人生も素晴らしいものであることを強く感じていた。 孤独な魂を抱えた存在だからこそ、他者の痛みを理解し、巡り逢えた運命や施された優しさが奇跡であることを知ることができる。生まれながらに障碍を抱えながらも神様に愛された人、ボッピと過ごしたきらめく日々は感動的で、涙が止まらなかった。2024/02/05

ラウリスタ~

10
ヘッセ27歳の小説。アルプスの谷間の村で生まれ、ドイツの都会に出て詩人を目指す。友情(やや同性愛的なものと、慈善的なもの)と二度の失恋。素晴らしきイタリア旅行、パリ生活の失意を経て、スイスに戻ってくる。ラテン語を学び学者になるかとも思われた若者は、今や中年。たまに短編や書評を投稿し、80になった父親の世話をし、結婚はもう諦めている。芸術や学問の世界に入るかと見せかけて、結局、自分の本来属する山の生活、職人の世界への愛着。アルプスの少女ハイジみたく、高地人が広い世界を見ようと低地(ドイツ)に行き戻ってくる話2020/10/13

qwer0987

6
一青年の半生を描いており、目立ったドラマ性はなく地味だが、抒情的で誠実なタッチが忘れがたい作品だった。詩人肌の青年ペーターは恋に悩み、親しい人の死に立ち会い、それなりの悩みを抱えながら生きている。個人的には母親の死を見つめるあまり隣で寝ている父親を起こそうとしない場面はふしぎな凄味があり、エリーザベトに告白しようとしながら果たせないところは青春期らしくて物狂おしく、憧れの聖フランチェスコのようになろうとボッぺを引き取るシーンが偽善的にも見えるが心に残る。そういった個々の場面の積み重ねが印象的だった2023/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13965566
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。