光文社古典新訳文庫<br> シークレット・エージェント

個数:
電子版価格 ¥1,364
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
シークレット・エージェント

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月06日 10時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 576p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334754037
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

ロンドンの片隅で雑貨店を営むヴァーロックは、某国大使館に長年雇われたシークレット・エージェントである。彼はその怠惰を雇い主に咎められ、グリニッジ天文台の爆破事件を起こすよう命じられるのだが…陰鬱な社会とアナキストたちをめぐる人間模様を皮肉な筆致で描いた小説。

著者等紹介

コンラッド,ジョゼフ[コンラッド,ジョゼフ] [Conrad,Joseph]
1857‐1924。ロシア占領下のポーランドで没落貴族の家に生まれる。父が独立運動に関与したため一家は流刑、両親を早くに亡くす。16歳で船乗りをめざし、仏英の商船で世界各地を航海する。このときの見聞が、後の創作活動に大きな影響を及ぼす。ポーランド語、フランス語を操り、小説は英語で書いた。1886年イギリスに帰化。1895年『オルメイヤーの阿房宮』で文壇にデビュー。他の代表作に、『密偵』『ロード・ジム』など。晩年は痛風と鬱病に悩まされた。1924年、ナイト爵叙勲を辞退。同年、心臓発作のため自宅にて死去

高橋和久[タカハシカズヒサ]
1950年生まれ。立正大学教授、フェリス女学院大学客員教授、東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

116
岩波の『密偵』を読んだ時にあまりコンラッドらしく思えず、訳のせいか?と新訳を読んでみたが、こちらの訳は私のリズムには合わず読みにくかった。内容としては、岩波の方がするりと入ってきたなあ。こんなに偉そうにされて、無理難題をつきけられても、スパイでいる価値はあるのかしら。光文社さんには、既訳のものを新訳することにこだわらず、まだたくさんある未訳を訳して紹介して欲しいと思う。2019/07/29

シッダ@涅槃

31
なんの予見も持たず読むのが良いだろう本。よってレビューはこれまで。文章の密度の濃さのため読むのに時間がかかったが、コンラッドの手によるそれは、情景の浮かび上がりの良さ、心理描写の巧みさを感じさせる。2019/12/14

花乃雪音

23
爆破テロを扱った時代を先取りした作品として再評価された。責任の所在があいまいとなり誰が悪と断ずることがしずらい。それは世間における絶対的な悪の存在を否定することに見えるが、個人の行動が世間の動きには価値がないように表現されているように見えた。テロを起こした側や彼らを捕まえる側も時代の潮流に影響を及ぼすに至らないものは犠牲の如何を問わず水面の波紋のようなものと言われているようだった。2021/11/11

kaze

12
タイトルの持つ冒険活劇的なイメージとは裏腹に、全編に漂うのはじめじめとした辛気臭さである。シークレットエージェントなどというカッコいい名前の仕事をしているはずのヴァーロックは、実際は何もしてない。そこに集うアナーキスト達も口ばっかりで何もしていない。かろうじてドラマがあるとすればそれはウィニーに纏わる箇所で、彼女の心の動きは理解できる。ドラマが少ないからつまらないと言うことはなく、この時代のロンドンの空気感が体感できる感じ。決して楽しいものではないけれど、救いがないとまでは思わない。2021/04/07

めがねまる

9
実際に起きたグリニッジ天文台爆破未遂事件を題材に、大使館から天文台爆破を命じられた二重スパイをめぐる話が展開される。爆破事件を追う警察の話と爆破を命じられ実行するまでの過程が章ごとに入れ代わり語られ、第11章で時系列が合流してからは抑制されていた登場人物の感情が表に出てきて一気に面白くなってくる。実は爆破そのものはあんまり出てこず、爆破事件後のスパイの妻に焦点が当たる。当時の科学はロンブローゾの骨相学などがメインで小説にもよく出てくるため不快な描写もある。当時アナキストがどう見られていたのかも面白い。2022/06/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13965567

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。