光文社古典新訳文庫<br> 椿姫

個数:
電子版価格 ¥1,122
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
椿姫

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月24日 00時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 463p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753702
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

出版社内容情報



デュマ・フィス[フィス デュマ]
著・文・その他

永田千奈[ナガタ チナ]
翻訳

内容説明

パリの社交界で金持ちの貴族を相手に奔放な日々を送る美貌の高級娼婦マルグリット。彼女はある日、青年アルマンと出会う。初めて真実の愛に目覚めた彼女は、これまでの享楽的な生活を捨て、パリ近郊の別荘で二人は暮らし始めるのだが、そこへ訪ねてきたのはアルマンの父だった…。

著者等紹介

デュマ・フィス,アレクサンドル[デュマフィス,アレクサンドル] [Dumas fils,Alexandre]
1824‐1895。フランスの小説家・劇作家。同名の父、アレクサンドル・デュマの非嫡出子。父の庇護のもと、若いころより社交界に出入りし、20歳のときに高級娼婦マリ・デュプレシスと恋に落ちる。その思い出をもとに書きあげた『椿姫』(1848年)が脚光を浴び、1852年にはみずからの脚本で同作を上演、大成功を収める。その後も小説や戯曲で多くの作品を発表し、1874年にはアカデミー・フランセーズの会員に選ばれた

永田千奈[ナガタチナ]
東京生まれ。翻訳家。早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ビィーン

28
とても面白い。傑作小説である。きちんとしている家庭で育った若者アルマンと貴族の愛人となって派手に生きる高級娼婦マルグリットでは生きる世界が違い過ぎる。普通は愛し合う関係にならないけれども、マルグリットは豪華な生活を捨てアルマンとの愛を選ぶ。ところがハッピーエンドで終わらないところが現実的でありこの小説の面白さ。私が学生の頃、アパートの隣に住んでいた知合いは彼女と駆け落ちして騒ぎになった事があったけれど結局別れたし(実話)、私の浅い人生経験からもこの結末はやっぱりそうなるだろう、と思わせるのだ。2020/07/25

吟遊

16
この翻訳では、訳者の「肩入れ」するマルグリットに読み手が感情移入するよう促される。物語全体の語り手はアルマンであるにもかかわらず。すると、とくにアルマンとマルグリットが行き違いを起こす後半〜終盤、アルマンの視点を超えるほどに、マルグリットの視点が、読者にとって重さをもってくる。 ここに「マルグリットの視点から見た『椿姫』」という、いわば新しい物語が生まれる。 くわしくはこちら:blog http://idea-writer.blogspot.jp/2018/03/blog-post_22.html2018/03/22

ぺったらぺたら子 

15
アイザック・シンガー『メシュガー』からの連想で読んだのだが、それよりもプルースト『スワンの恋』とセットで読んでおかねばならぬ本ですね。こういう土台・雛形があってこそあの物語が自由に動いていたのだな。そしてこれは男の愛に娼婦が改心するメロドラマなんかではなく、そもそも持っていたものを解放させる場として、男が現れたと言って良い。そして最後まで、ぼんくらで利己主義者の男に女が愛を教え「改心」させようとする話なのだ。ヒロインが多弁である事が素晴らしく、それは源氏の女性達が言えなかった事を熱く語っている様だ。 2019/08/28

ラウリスタ~

14
マルグリットを聖化しようという詩人の自己中ぶりへの反発と、それでも確かにいい話なんだよなあという諦念の間の読書感。椿姫に代表される尽くしてくれる娼婦ってのは、男の無私の愛で尽くすことで彼女のそれまでの過去を浄化するってんだから、本当に男側の身勝手な妄想なのだ。ところで解説の448ページにひどい間違い。なんと椿姫以降、デュマフィスは「自然主義の戯曲」を書いていくと、1848年から自然主義登場まで20年ほどあるのに。「…主義」って日本人は安易に使いすぎる傾向があるよね、と。訳文の読みやすさは良かったと思う。2020/11/30

量甘

14
マルグリットと運命的な出会いをした青年アルマンとの哀しくて切ない純愛の物語。真実の愛を知ったマルグリットがアルマンへの想いを綴った日記が涙をさそう。オペラ「椿姫」を観たくなった。2018/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12666103

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。