光文社古典新訳文庫<br> ナルニア国物語〈5〉ドーン・トレッダー号の航海

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
ナルニア国物語〈5〉ドーン・トレッダー号の航海

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月23日 03時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 408p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753627
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

冒険のワクワク感に満ちた第5巻。

内容説明

いとこのユースティスとともに、突然ナルニアに呼び戻されたエドマンドとルーシーは、カスピアン王やリーピチープと再会し、行方不明の7人の貴族を探す船旅に同行することに。だが行く先々の海域には、未知の生き物や、一行の心を惑わす不思議な出来事が待ち受けているのだった。

著者等紹介

ルイス,C.S.[ルイス,C.S.] [Lewis,Clive Staples]
1898‐1963。イギリスの小説家、学者。北アイルランド、ベルファストで事務弁護士の父と牧師の娘である母との間に生まれる。幼少の頃から、動物を擬人化した話や妖精物語に魅せられる。オックスフォード大学に進むが、途中で第一次世界大戦に召集される。復学後は英文学で優等の成績を収め卒業。その後同学の特別研究員を経てケンブリッジ大学の教授に就任。文学やキリスト教に関する著作を次々と発表し、諷刺的に悪魔を論じた『悪魔の手紙』(1942年)が世界的ベストセラーになる

土屋京子[ツチヤキョウコ]
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sin

78
結局はカスピアン王の血にも傲慢な人間の本性が受け継がれていることは時折の言動から明らかではあるがファンタシーと云えど人間の物語で在るからには仕方ない。物語の節々に教訓めいた箇所が見受けられるが説教臭さはなく話の流れを阻害しないものの、アスランと云う絶対感を抱かせる存在に神をなぞらえていることは終章の描写から伺うことが出来る。神は見そなはすのみ、己れを助くは己れと云うことか◆英ガーディアン紙が選ぶ「死ぬまでに読むべき」必読小説1000冊を読破しよう!http://bookmeter.com/c/3348782018/10/10

ユメ

36
エドマンドやルーシーたちを乗せたドーン・トレッダー号は、東の世界の果てを目指す。「夜明けを踏破する者」を意味するドーン・トレッダー号の航海はまさに血湧き肉躍る冒険だけれど、ルーシーの視点からだと大海原の詩情も感じられ、その匙加減がよかった。小さな身体に勇気をいっぱい詰めこんだネズミのリーピチープの活躍が愉快でならなかったのだが、そのリーピチープの行く末がこうなるとは。甘い夢物語ではない、ナルニアの厳しさを思い知る。ルイスは大人の読者をも歓迎してくれる一方で、実際にナルニアへ行ける者の資格については厳格だ。2017/11/23

パトラッシュ

27
海洋冒険小説好きなせいかシリーズ中で最も面白かった。クルーズ船に遊び半分などでなく、遠い領地の総督が本国の監視がないのをいいことに腐敗しているのを目撃したり、嵐に翻弄されたりドラゴンに変身してしまう経験を重ね、親に甘やかされた我儘な少年は大人に成長していく。死水島や声の島でのファンタジックなアイデアはケルト神話の色彩が強いし、何よりも勇敢なネズミのリーピチープの肖像は美しい。アスランは説教師でなく厳しい世界で生きるすべを教える導き手として登場する。こんな教師に会いたかったと思う読者も多かったのではないか。2020/03/30

南北

27
夏季休暇で親戚の家に預けれられたエドマンドとルーシーはいとこのユースティスと船の絵を通してナルニアの世界に行きます。最初の方ではユースティスの言動にイライラする場面もありましたが、シリーズ4巻目で登場したカスピアン王が再登場し、船の冒険が始まります。ルーシーたちは何度かアスランに助けられますが、手を差し伸べてくれたというより、導いてくれたという印象です。最後にアスランの「自分たちの暮らす世界との絆を深めるべきときが来た」という言葉でエドマンドやルーシーがナルニアの世界を通じて成長してきたことがわかります。2019/05/12

花乃雪音

26
前作に登場したカスピアン王子が王位を継いで3年が過ぎた時エドマンドとルーシーはいとこのユースティスと共に再びナルニアへ行く。その時、カスピアン王は叔父に追放された父の7人の忠臣を探しに東の海を航海中だった。船の名前が岩波少年文庫では「朝びらき丸」だったが光文社古典新訳文庫では「ドーン・トレッダー」と訳されている。翻訳とはいえ「朝びらき丸」は日本の船の様であまり好ましく思っていなかったが「ドーン・トレッダー」では子どもに意味が分かりにくく翻訳の難しさの一端を垣間見た。2020/10/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12271502

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。