光文社古典新訳文庫<br> 哲学書簡

個数:
電子版価格 ¥1,023
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
哲学書簡

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月28日 11時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 362p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753542
  • NDC分類 135.3
  • Cコード C0110

出版社内容情報



ヴォルテール[ヴォルテール]

斉藤悦則[サイトウ ヨシノリ]

内容説明

イギリスにおける信教の自由、議会政治を賛美し、ロックの思想、ニュートンの科学などの考察を書簡形式で綴ったヴォルテールの思想の原点。フランス社会の遅れを痛烈に批判し発禁処分にされたことで大ベストセラーとなった。のちの啓蒙思想家たちに大きな影響を与えた初期の代表作。

目次

クエーカーについて
イギリス国教について
長老派について
ソッツィーニ派、アリウス派、反三位一体派について
国会について
統治について
商業について
種痘について
大法官ベーコンについて
ロック氏について〔ほか〕

著者等紹介

ヴォルテール[ヴォルテール] [Voltaire]
1694‐1778。フランスの思想家・作家。パリに生まれる。早くから創作を志し、処女作『エディップ(オイディプス)』(1718年)がコメディー・フランセーズで大成功を収める。決闘騒動でバスティーユに投獄された後、イギリスに亡命。この時の見聞をもとに当時のフランス社会を批判した『哲学書簡』(’34年)を刊行するも、即発禁処分となる。プロイセンのフリードリヒ2世からの招聘をうけるなど、思想・信教・表現の自由や寛容を唱える知識人として、その影響力はヨーロッパ全域に及んだ

斉藤悦則[サイトウヨシノリ]
1947年生まれ。元鹿児島県立短期大学教員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

猫丸

12
狭い意味での哲学書ではない。スコラ学の硬直化、宗教の典礼化を見かねて、ある意味野蛮なイギリスの自由な精神を称揚する文化通信。立ち位置は健全な保守派といったところであり、まったく過激な主張はないのだが、これでも発禁だそうだ。フランスアカデミーが虚飾に満ちている、との指摘がすでにこの段階で出ている。のちにペタンがアカデミー委員に選出された際のヴァレリーの演説など、歯の浮くような空虚な美辞麗句だらけだったな。イギリスに歴史書はない。喜劇はあるが悲劇はない。沙翁何するものぞ、を実践している。江戸っ子みたいだ。2019/05/29

吟遊

11
読みやすい新訳。クエーカー教徒のはなしから始まるのも面白い。イギリス見聞録。パンセ嫌いはわかる気もする。骨太ヴォルテールもまたモラリストの系譜ですね。2019/11/24

ころこ

11
クエーカーの紹介から始まり、パスカルで終わる本書の意図が、解説で分かり易く説明されています。最後にあるパスカル批判は示唆を受けました。あらゆる点でフランスとイギリスを比較している中で、デカルトとニュートンを比較しています。一見異色の組み合わせですが、哲学と科学が近かった時代の元々の哲学の役割に忠実な議論が行われます。イギリス・ニュートンが評価され、フランス・デカルトが批判されているのは本書の流れ通りですが、ニュートンの方が評価されているのは端的に科学的真実だったからです。さらに無限と年代学についてのエッセ2017/11/02

ライクロフト

6
初ヴォルテール。「文学者に払われるべき尊敬について」とかテーマが面白い。哲学書じゃなくてエッセイっぽい。さすがに18世紀だなあと読んでいて感じる箇所は多いものの、率直なヴォルテールの言葉が心地よい。「あまりにも簡単に理解できてしまう哲学は、さっぱり理解できない哲学と同じくらい、用心をしなければならない」。せやな(笑)2017/11/02

このこねこ@年間500冊の乱読家

2
⭐⭐⭐ 「哲学」とありますが、なんとも哲学らしくない。話はまとまっておらず、なんかグダグダ。 でも、どうやらこれが良かったようで、ルソーなどはこの本にすごく影響を受けたようです。 とりとめなく想いを巡らせるだけでも立派な哲学! それを教えてくれる一冊です。2021/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11867801

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。