光文社古典新訳文庫<br> ナルニア国物語〈3〉馬と少年

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
ナルニア国物語〈3〉馬と少年

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年06月29日 22時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 384p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753498
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報



C・S・ルイス[ルイス C.S.]

土屋京子[ツチヤ キョウコ]

内容説明

カロールメン国に暮らす漁師の子シャスタは、自分が奴隷として売られることを知り、ナルニア出身の“もの言う馬”ブリーとともに北を目指す。思いがけず、もう一組の道連れを得たのも束の間、旅は新たな使命を帯びることになって…。三つの国にまたがる少年の数奇な冒険を描く。

著者等紹介

ルイス,C.S.[ルイス,C.S.] [Lewis,Clive Staples]
1898‐1963。イギリスの小説家、学者。北アイルランド、ベルファストで事務弁護士の父と牧師の娘である母との間に生まれる。オックスフォード大学に進むが、途中で第一次世界大戦に召集される。復学後は英文学で優等の成績を収め卒業。その後同学の特別研究員を経てケンブリッジ大学の教授に就任。文学やキリスト教に関する著作を次々と発表し、諷刺的に悪魔を論じた『悪魔の手紙』(1942年)が世界的ベストセラーになる。そのかたわら創作も進めていたが、1950年に出版された『ナルニア国物語』の第一巻『ライオンと魔女と衣装だんす』でさらなる名声を得ることになった

土屋京子[ツチヤキョウコ]
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sin

75
ライオンの創世に於ても別世界からの借り物に過ぎず、魔女の氷の世界の闘いに際しても彼の四兄弟以外姿を見せなかった人間達が、ここでは中世の現実世界のように登場するので、舞台は同じでもまるで違う世界観の物語を読んでいる感じがする。そのうえ当初から出自へのこだわりだろうか、主要人物は皆が王族と云うのには馴染めないが、これはお伽噺の常と云うものであろう。めでたしめでたし◆英ガーディアン紙が選ぶ「死ぬまでに読むべき」必読小説1000冊を読破しよう!http://bookmeter.com/c/3348782018/10/08

ユメ

47
シャスタという少年の成長譚であり、初めてナルニア国の国境の外が描かれた作品でもある。ナルニアの南にはアーケン国、その南にカロールメン国と、頭の中でナルニアの世界の地図が出来上がり、わくわくさせられた。シャスタが旅を共にする男装した貴族の娘アラヴィス、〈もの言う馬〉ブリーといったキャラクターたちが魅力的。また、アスランの存在が今作も物語の行く末を導いている。悪に裁きを下すアスランはキリスト教の神を思わせるが、その裁きの手法には英国文学らしいユーモアも感じられた。心躍るファンタジーの大団円には幸せな気持ちに。2017/04/03

hirune

44
【Audible】ナルニア国は小国だったんですね!かの世界でもナルニア国はアスランに加護され もの言う動物のいる神秘的な国で、友好国があり また邪悪な大国があり、ピーターたち王や女王は楽しいばかりではなく結構大変そう。赤ん坊の時北から攫われた少年ともの言う馬二頭と道連れになった少女の北へ逃げる冒険譚。ハラハラドキドキ、楽しめました。それとなく導き 危機には助けてくれるアスラン、今回も格好良いです?2017/11/16

tokko

26
アスランが何なのか、ナルニアの国王が誰なのか知らなくても読める。そういう意味で2巻を読み終えてからだいぶ間があいたけれど、問題なかった。前の話を思い出しながら(読み返しながら)読まなくてもいいので。2017/03/31

花乃雪音

25
意訳すると『しゃべる馬とツレの男の子』というタイトルになるがナルニア生まれの馬が主役ではなく(主役クラスではあるが)男の子が主役である。本作は現実世界が話に出てこないため「行きて帰りし物語」ではなく「失われたものを取り戻す物語」である。『ナルニア国物語』シリーズを通さずとも本書のみで楽しめる反面、中東をモチーフにしているカロールメンの王子のひとりラバダシュの扱いに今のご時世では本書のみで生き残るのは難しく思える。2020/10/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11615796

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。