光文社古典新訳文庫<br> 幸福な王子/柘榴の家

個数:
電子版価格 ¥913
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
幸福な王子/柘榴の家

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月19日 05時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 303p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753474
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報



ワイルド[ワイルド]

小尾芙佐[オビ フサ]

内容説明

ひたむきな愛を描く「幸福な王子」。恋する学生に身を捧げる「小夜啼き鳥と薔薇」。わがままな男と子どもたちの交流を描く「身勝手な大男」。愛の行きつく果てを示す「漁師とその魂」など、道徳的な教訓だけでは収まりきらない、さまざまな味わいの、大人にこそ読んでほしい童話集。

著者等紹介

ワイルド,オスカー[ワイルド,オスカー] [Wilde,Oscar]
1854‐1900。アイルランド出身の作家・劇作家。外科医で著述業の父と、作家である母との間に次男として生まれる。自身の唱える芸術至上主義を身をもって実践し、ロンドン社交界で脚光を浴びる。29歳で結婚。『ドリアン・グレイの肖像』『サロメ』『ウィンダミア卿夫人の扇』などの話題作を発表し時代の寵児となるが、同性愛の罪で逮捕・投獄される。出獄後フランスに渡るも、3年後の1900年、パリにて客死

小尾芙佐[オビフサ]
1932年生まれ。津田塾大学英文科卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

98
やっぱり、オスカー・ワイルドは戯曲や小説は好きだけど、童話は寂しくて胸が苦しくなって少し、苦手だと思わずにいられません。「非凡なる打ち上げ花火」ですが、打ち上げ花火みたいな気位が高くて能力を人を害するためにしか使わなかった人を思い出して少し、嫌な気分になります。「忠実なる友」の自分の言った事の無粋さが分からない胸赤鶸への家鴨の忠告と作者の言葉にクスリ。「王女の誕生日」は花とか王女・貴族の傲慢さがえげつない分、鳥達が侏儒に懐いていたというのが少し、救い。2017/04/23

おか

63
子供の頃に読んだ時は 涙を流しながら 感動に心震わせた。しかし この歳になって完訳を読むと 流す涙の意味合いが変わってきた。これをワイルドは自分の子供に読み聞かせる為に書いたというが これは 強者が 自分の子供に強者たれと書いた様に思えてしまう。解説を読んでも その気持ちを払拭出来ない。まぁ 逆説的に読めば良いのかもしれないが きっと今の私は 心が赤剥けているか、心に黴や毛が生えまくっているのかもしれない*\(^o^)/*。2019/04/30

molysk

40
幸福な王子に出会ったのは高校の英語の教科書だっただろうか。そのときは王子と燕の献身のみが心に残った。改めて読み返すと、他者の不幸に無関心な人々もまた印象的である。ほかの掲載作も含めて、道徳を賛美しているようでもあり、冷笑しているようでもある。あるいは、ワイルドにとっては、美しいものであれば、それが道徳的かどうかは関係なかったのか。それでも、少なくとも幸福な王子は、物語の底流に人へのやさしさが感じられた。それは、幼い我が子に語り聞かせるための、やさしい父親としてのワイルドの描きたい物語だったのだろう。2020/04/04

momogaga

39
図書館本。解説に助けられて何とか完読しました。童話ですが、まさに大人の童話です。世間の厳しさ、善人面した悪人が登場する考えさせられるお話です。”漁師とその魂”は歯ごたえがありました。失った影のストーリは『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を思い起こしました。2017/09/10

優花

37
めでたしめでたし、では終わらない残酷な話ばかりだったような…。心を入れ換えていい人になったからと言って、幸せにならない結末もまたいい。「忠実な友」に出てくる粉屋といったらもう…。2017/01/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11453246

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。