光文社古典新訳文庫<br> 脂肪の塊/ロンドリ姉妹―モーパッサン傑作選

個数:
電子版価格 ¥957
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
脂肪の塊/ロンドリ姉妹―モーパッサン傑作選

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月23日 00時56分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 334p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753399
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

出版社内容情報



モーパッサン[モーパッサン]

太田浩一[オオタ コウイチ]

内容説明

プロイセン軍を避けて街を出た馬車で、“脂肪の塊”という愛称の娼婦と乗りあわせたブルジョワ、貴族、修道女たち。人間のもつ醜いエゴイズム、好色さを痛烈に描いた「脂肪の塊」と、イタリア旅行で出会った娘との思い出を綴った「ロンドリ姉妹」など、ヴァラエティに富む中・短篇全10作を収録。

著者等紹介

モーパッサン,ギィ・ド[モーパッサン,ギィド] [Maupassant,Guy de]
1850‐1893。1850年ノルマンディ生まれ。パリ大学在学中に普仏戦争に遊撃隊員として従軍。戦場での苛烈な体験が、のちの厭世的な作風に大きな影響を与えたといわれる。その後海軍省に勤務。母の紹介でフローベールと知り合い、作品指導を受ける。30歳の時に発表した「脂肪の塊」が絶賛され、作家専業となり、33歳の時に発表した『女の一生』はベストセラーになった。旺盛な著作活動を続けたが神経系の発作に襲われ、苦痛から逃れるために薬物に溺れた末、自殺未遂事件を起こしパリの精神科病院にて死去

太田浩一[オオタコウイチ]
フランス文学翻訳家。中央大学兼任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

154
最初の一編の美しさが嬉しかった。表題二作の嫌な感じを思いながら本を開いたから。教会に光降り注ぐ場面が心に残る。思えば、彼の作品は読み手が追うものは字であるのに映像を見せる。本を閉じて想うのは文章ではなく画像や動画。馬車でお上品な人々が貪り食べる姿や若く丸々と太った娼婦が決まり悪そうな金持ちの間で嗚咽する様子。ジェノバを発つ時に男が浮かべるニヤッとした顔。名作とはかくあるものかしら。読後に残るイヤな感じにさらに加わる感嘆やら驚き。『脂肪の塊』慰安婦の気持ちをわかったように話すものではない、何者も…と思う。2016/11/21

巨峰

84
「女の一生」はピンとこなかったけど、この短編集は大変面白かった。様々なジャンルから選りすぐりの10作。全部面白かったし、質が高いと思った。姉妹丼のはなしとか。2016/10/10

藤月はな(灯れ松明の火)

83
人生の悲喜交々を描いた中短編集。西部劇『駅馬車』の元ネタになった『脂肪の塊』は再読しても胸が悪くなります。人は変われない。状況が以前のようになれば、その地位にしがみつくのは当たり前。それは私自身も同じなのだという自己への嫌悪感が掻き立てられるからこそ、この作品は苦く、後を引くのだ。塞翁が馬な「冷たいココはいかが!」は解釈が無尽なのが心憎い。「マドモアゼル・フィフィ」は真の淑女とは誰かは明白。「雨傘」はやっぱり、男より女の方が経済的な駆け引きは本能的に上手い事を良く、表現していると唸らずにはいられない。2016/10/29

マエダ

66
面白いなモーパッサン、ロンドリ姉妹は秀逸。”モーパッサンを攻めようと思う。”と昔岩波の脂肪の塊を読んだ時に言ったような気がする。2019/02/28

優花

39
「女の一生」は昔、読んだ記憶があるようなないような…。本書に収められてる中、短編、「脂肪の塊」以外は入手可能な他の文庫には収録されてないらしい。この表題作が1番ショックな気持ちになった。馬車に乗り合わせた10人。その中には娼婦がいた。旅の先に進むための条件として娼婦が身を犠牲としなければならなかった。読んでてこのまま終わらないでしょう、最後にはホッとするようなどんでん返しがあるはず、と思ってたけど、まさにこのまま終わってしまい、同乗者達の人間性の醜さだけが突き付けられた。「聖水係の男」は短い話の中に人生の2016/09/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11169075

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。