光文社古典新訳文庫<br> 二都物語〈上〉

個数:
電子版価格 ¥935
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
二都物語〈上〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月19日 07時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 346p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753269
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

自分の生命と愛する人の幸せを引きかえる究極の愛。革命に揺れるパリとロンドンを舞台に3人の運命を描いた壮大な歴史ロマン。

内容説明

スパイ容疑で逮捕されたフランス亡命貴族のロンドンでの裁判。とある医師の娘が証人となり、弁護士の奇策もあって被告は罪を免れる。一方パリの居酒屋では血腥い計画が着々と練られ…。二つの首都の間で絡み合った因縁の糸が解けていくなか、革命の足音が近づいてくる。(全2巻)

著者等紹介

ディケンズ,チャールズ[ディケンズ,チャールズ] [Dickens,Charles]
1812‐1870。イギリスの作家

池央耿[イケヒロアキ]
1940年生まれ。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アン

101
18世紀末フランス革命に揺れるパリとロンドン。18年間バスティーユ監獄に幽閉されていたマネット医師を、生き別れたルーシーがイギリスに連れて帰る。銀行員でマネットの管財人ロリー、パリの場末の酒場亭主ドファルジュと秘密の編み物をする妻。ワインの大樽が路上で破裂し群衆が朱に染まる場面は飢えにより理性を失う怖さにぞっと。ロンドンでは侯爵の甥チャールズ・ダーネイがスパイ容疑で裁判にかけられるも弁護士シドニー・カートンの奇策もあり無罪放免に。貴族の圧制と暴虐、父娘の情愛、ルーシへの求婚、過去の経験と心の傷…下巻へ。 2022/03/15

藤月はな(灯れ松明の火)

93
以前、読友さんの感想で「ノーラン監督の『ダーク・ナイト』の参考になった」というのを拝見してから気になっていた本でした。訳者が『ウィンブルドン』でお馴染みの池央耿氏なので大変、読みやすいです。序文も『幻の女』や『復活』のようにインパクトがあるのも良い。アメリカ独立戦争の余波でスパイにヒステリックになるイギリスと特権を貪る貴族への憤懣が爆発寸前の革命前夜のフランス。やがて両者は一人の善良なる貴族によって絡み合う。マネット医師は何故、監禁され、証拠品を破壊するドファルジュ夫妻は何を隠しているのか?2017/08/08

セウテス

67
〔再読〕池央耿氏の翻訳は格調高く、表現豊かで読みやすい。物語は1775年マリー・アントワネットの時代、民衆の不満は爆発寸前までに高まっている。パリの描写から、緊張感が伝わってくる程だ。物語はフランス貴族であったダーネイが、イギリスに亡命し自分と双子の様に瓜二つのカートンと出会う。しかしカートンは才能が有るにも関わらず、自分の人生に虚無感を抱いている。ダーネイはイギリスへ渡る船で一緒だった医師のマネットと娘ルーシーとも再会。登場人物紹介と共に隠された事情が、あえて見える様に描いており、後半への伏線に思える。2017/12/23

syota

39
ディケンズは4作目だが、話のダイナミックさではこの作品が一番。特に、革命直前のフランスを舞台にした部分は、読んでいて思わず引き込まれてしまう。登場人物も、初めは素性不明でミステリアスだったり、読者を引き付ける仕掛けに事欠かない。「若草物語」にもこの作品が出てきて、昔から気にはなっていたけれど、こんな話だったんだ(^o^) ちなみにこの池央耿訳は、今年出たばかりのほっかほかの新刊。長く流布していた中野訳とくらべると、リズミカルで歯切れがよく読みやすいのが特徴で、会話部分の巧みさも特筆される。[G1000]2016/09/13

MATHILDA&LEON

31
当時のイギリスとフランス。貧富の格差に衝撃を受け、とにかく先へ先へと読み進めた。この作品がどう私の心に響いてくるのか、最後まで読まないと分からないが、上巻を読み終えた今は、とにかく続きが気になって仕方ない!の一言。2021/03/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10704634

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。