光文社古典新訳文庫<br> 白夜/おかしな人間の夢

個数:
電子版価格 ¥913
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
白夜/おかしな人間の夢

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 249p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753085
  • NDC分類 983
  • Cコード C0197

出版社内容情報

長編では分からないドストエフスキーの奥深さが魅力の傑作選。他に「百姓マレイ」「キリストの樅の木祭りに召された少年」収録。

内容説明

ペテルブルグの夜を舞台に、内気で空想家の青年と少女の出会いを描いた初期の傑作「白夜」。自殺を決意した男が夢から覚めた後、真理を発見し、自殺をとりやめるという幻想的な短篇「おかしな人間の夢」ほか、長篇では味わえない、“らしくない”ドストエフスキーに出会える珠玉の4作。

著者等紹介

ドストエフスキー,フョードル・ミハイロヴィチ[ドストエフスキー,フョードルミハイロヴィチ] [Достоевский,Ф.М.]
1821‐1881。ロシア帝政末期の作家。ニヒリズム、無神論との葛藤を経て、キリストを理想とした全一的世界観の獲得に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた

安岡治子[ヤスオカハルコ]
1956年生まれ。東京大学大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

91
キリスト教での自己・罪と罰・博愛の意義を俗世の様子も交えて長々と書くことで有名(つまり、暗く、重く、長い)なドストエフスキー。しかし、ドストエフスキーは鰐に夫を食べられた奥さんの混乱と慣れを描いた不条理ブラックコメディ『鰐』も書くほど、モラヴィアのように堅くなく、意外と捌けたストーリー・テラーだった。『白夜』は語り手の夢想家でちょっと調子のいい青年よりもナースチェンカに感情移入してしまいます^^;特に語り手の青年を愛する理由が「あなたは私にめんどくさいと思う程、愛さないから」という理由には頷いてしまいます2015/08/31

kazi

40
お目当ては白夜でした。ドストエフスキーは大天才だと思っているのだが、この中編はいまいち乗れなかった。後の長編小説のような多面的な視点が見られないからだろうか?とにかく主人公男性の自己犠牲に対して違和感を覚える。『ああ!完全なる至福の瞬間だった!あれは、人間の長い一生涯分に十分足りるほどのものではないだろうか?……』。私にはこのセリフに象徴される考えには上手く感動することができないです。そこに著者の理想が込められているのかもしれないが・・。ドストエフスキーの小説にこんな違和感を覚えたのは初めてかも。2020/08/14

犬こ

29
「白夜」の文学的美しさたるや、まるで映像を見ているようで唸りました。ラストは主人公のはりさけんばかりの悲しみと、その後の冷静な日常のあの動と静のバランス。こんな作品も書いていたのかと、ドストエフスキーの新しい一面を知ることも出来、嬉しい。2016/04/17

Moomin1994

26
トマスモアとかマックスウェーバーを再読したくなりました。もやもやしながらも、最後になんとかスッキリ。2015/07/14

くみ

23
「白夜」は内気すぎる青年と想像力に富んだコケティッシュな少女の物語。ペテルブルクの白夜という幻想的なシチュエーションが四日間の物語をしっとりと演出します。青年の恋をすると周りが輝いてみえる(失うと灰色にもどる)と「、、それでも好きな人の幸せを願う」という独白にきゅっとしました。ドストエフスキーで切なくなるなんて初めてかも。他の4編もあらすじに「らしくないドストエフスキー」とあるように、ひとりひとり欠点があっても自虐に走らない、先に明かりが灯るようなお話でした。「作家の日記」も読んで見たいなあ。2018/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9691926

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。