光文社古典新訳文庫<br> チャタレー夫人の恋人

個数:
電子版価格 ¥1,496
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
チャタレー夫人の恋人

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月25日 14時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 674p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752972
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

上流階級の令夫人であるコニーは、戦争で下半身不随となった夫の世話をしながら、生きる喜びのない日々を送っていた。そんなとき、屋敷の森番メラーズに心奪われ、逢瀬を重ねることになるが…。地位や立場を超えた愛に希望を見つけようとする男女を描いた至高の恋愛小説。

著者等紹介

ロレンス,D.H.[ロレンス,D.H.] [Lawrence,David Herbert]
1885‐1930。イギリスの小説家。イギリス中部の小さな炭鉱町イーストウッドで労働者階級の家に生まれる。大学に入ると本格的に詩や小説を書くようになる。ロンドン郊外で小学校教師を務める一方、文芸誌に詩と短篇が掲載されたのをきっかけにパウンド、ウェルズなどとも交流。最愛の母の死をきっかけに故郷に戻り、長篇『息子と恋人』を完成させる。その後、大学教授の妻であったドイツ人の女性と駆け落ちして結婚。小説『虹』が発禁処分となったり、スパイ容疑で居住地を退去させられたりという逆境にもめげず精力的に創作を続けた

木村政則[キムラマサノリ]
1968年生まれ。英米文学翻訳家。専門は20世紀イギリス小説(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

96
発表当時、猥褻な作品として発禁となり、裁判沙汰にまでなったという問題作ですが、然程問題作とは思えませんでした。過激な内容というほどのものでもなく、比較的シンプルな恋愛小説です。不倫ではありますが、地位や立場を超えた愛の物語。恋に落ちるという心理に重みを置き、「性における人間関係の根源的回復」を軸にしていると言えるでしょう。性により開放された人間性を描いた奥深い作品だと思います。2016/05/18

藤月はな(灯れ松明の火)

68
性愛描写が露骨すぎるという理由で発禁となった作品。しかし、注目すべきは性愛ではなく、恋愛における男女の心の変化や愛は冷めているのに夫婦でいることの不幸や情けなさが細やかに描かれていることだったと思わずに入られません。特に男性のローレンスが「どうしてこんなことまで分かっているの!?」と思う位、恋愛や家族における女性の心の機微を理解している点は必見です。最も妻の愛が離れたと実感すると経営に没頭する一方で甘やかしてくれる家政婦に依存し、赤子帰りする夫の言動にはドン引きしました。しかも身近にあるからこそ、怖いわ…2015/02/09

Shintaro

64
百聞は一読に如かず。中学生のように興味本位で読み始めたが、さにあらず。本作のほとんどは人間とは何かという思索に充てられている、美しい物語だった。階級社会や性役割への批判もあり、読む人によってはプロレタリア文学やウーマンリブの走りと読む人もいるだろう。戦争による男根喪失の神話でもある。メラーズはバイの素質もありそうだ。本作を発禁にする試みは当局の文学的センスの欠如をさらすものだ。どこの国かと思っちゃうよね。一番気に入ったのはロレンスが文学オタクだったこと。タイトルだけで敬遠していた方には御一読をお薦めする。2018/12/16

seri

55
世に言う「チャタレイ裁判」は全く知らずに読みました。知らなくて良かった。性描写に主点がないのは明らかで、物語の主格の多面的な奥深さを見逃してしまう。写実的であり同時に芸術的。人間性を失っていく社会と、性による人間性の解放、成長の対比。知性に凝り固まって人間から離れていく者と、原始的な喜びでもって高潔な精神に目覚めていく者。優れた社会批評は時代を越える。社会描写はこの現代にも通じるように鋭い。奥深く豊潤な読書でした。空しさは人をも殺す。ならば、人間性を殺している本当の犯人は社会に蔓延る虚無なのかもしれない。2016/03/11

fseigojp

28
こういう階級社会をまたぐ恋は、今後の日本でもリアルな風景になってくるのではないだろうか2016/10/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8289165

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。