光文社古典新訳文庫<br> 賃労働と資本/賃金・価格・利潤

個数:
電子版価格 ¥1,144
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
賃労働と資本/賃金・価格・利潤

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2022年05月19日 08時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 412p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752880
  • NDC分類 331.6
  • Cコード C0197

内容説明

「賃金とは何か」「資本とは何か」「利潤とは何か」。この根源的な問いに答えるべく、古典派経済学と格闘しつつ独自の経済学を確立していったマルクスの基本文献を収録。付録(「賃金」草稿と「代議員への指針」)と詳細な解説を元に、『資本論』読解への第一歩を踏みだす。『資本論』入門シリーズ第1弾!

目次

賃労働と資本
付録1 賃金
付録2 エンゲルスによる一八九一年版序論
賃金・価格・利潤
付録3 個々の問題に関する暫定中央評議会代議員への指針

著者等紹介

マルクス,カール[マルクス,カール] [Marx,Karl]
1818‐1883。ドイツ(プロイセン)の哲学者・経済学者・革命家。思想家として現代にもっとも深い影響を与えた。「独仏年報」誌に「ヘーゲル法哲学批判・序説」「ユダヤ人問題のために」を発表。『経済学・哲学草稿』で私有財産の哲学的解明と労働疎外の問題に取り組んだのち、『経済学批判』『資本論』で資本主義の矛盾を鋭く分析、批判。20世紀の社会主義革命の思想的な礎を築いた。私生活ではつねに窮乏にあえぎ、相次いで幼い娘・息子を亡くすなど不遇をかこったが、親友エンゲルスの経済的援助を受けながら意欲的な執筆活動を続けた。1883年3月没

森田成也[モリタセイヤ]
1965年生まれ。大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かわうそ

27
「通常の平均的な利潤は商品を実際の価値以上にではなく実際の価値通りに売ることによって得られるのである。」一般的な理解としては商品をその価格を釣り上げることによって利潤を得ていると思われるがそうではない。あくまでも、労働者が不払労働をすることによって剰余価値が生まれ、それが資本家の懐に入るのだ。さらに、その労働者の賃金も労働時間の総体の価値として現れると思われるがそうではなくて、労働時間の支払運動のみが反映されるのだ。さらには、生産力の増大は労働者の労働を過酷にする。2022/02/28

小波

19
マルクスの理論は解説本などでは知っていても、実際のところ読んだことがなかったので…ちゃんと読んでみようと思い、手にした一冊。現代においても益々格差は広がるばかりであって、読んでいて憂鬱になってしまった。「ブルジョアは道徳教育をブルジョア的諸原理を詰め込むことだと[理解しており]」とあり。教育が資本家に都合の良い奴隷生産の場と化しているのは、現代の学校教育にも見られる。教育費を捻出して、資本家のために次世代の奴隷を養成しているのかと思うと…複雑な気持ちになる。とても難しかったのでまた再読してみたい。2021/07/02

壱萬弐仟縁

19
労働そのものの生産費とは、労働者を労働者として維持するのに、彼を労働者へと要請するのに必要とされる費用(傍点30頁)。社会的な生産諸関係は、生産の物質的諸手段、生産諸力が変化し発展するとともに変化し変容する。生産諸関係は、社会を構成し、一定の史的発展段階における社会を構成する(傍点34頁)。賃金が増大するのは労働に対する需要が増大するとき。生産資本が増大するとき(103頁)。非正規の単価を上げるにはどうするか? 2015/01/18

たんたん麺

13
賃労働にとって最も有利な条件は生産資本ができるだけ急速に増大することである。2014/05/24

またの名

10
付録商法みたいに見える100ページを超える解説は、テクストの成立過程や賃金と利潤についての混乱を説明して短い論文集にたんに上乗せされた以上の価値を付与。ある商品価格は他の価格や事物との関係においてのみ高いとか低いとか言えるように、賃金も他の様々な事物との関係においてのみその数値の内実を理解できる。なので資本家の取り分と労働者がもらう賃金との関係を注視して、資本家の私腹と産業が増大するためには、彼ら以外の労働者たちが絶対に隷属階級であり続けることが必要なメカニズムを分析。ただの読み易い新訳を超えた濃い文庫。2016/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8041549

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。