光文社古典新訳文庫<br> アドルフ

個数:
電子版価格 ¥913
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
アドルフ

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年10月19日 23時47分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 211p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752873
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

将来を嘱望された青年アドルフは、P伯爵の愛人エレノールに執拗に言い寄り、ついに彼女の心を勝ち取る。だが、密かな逢瀬を愉しむうちに、裕福な生活や子供たちを捨ててまでも一緒に暮らしたいと願うエレノールがだんだんと重荷となり、アドルフは自由を得ようと画策するが…。

著者等紹介

コンスタン,バンジャマン[コンスタン,バンジャマン] [Constant,Benjamin]
1767‐1830。フランスの作家、政治家、思想家。スイス・ローザンヌ生まれ。数多くの政治的論文のほか、『宗教について』などを出版。職業軍人だった父とともに、幼少期からヨーロッパ各地を転々とし、イギリス、ドイツの大学に学ぶ。1785年に初のパリ滞在。1797年にフランス国籍取得。作家、批評家として高名であったスタール夫人との交際は有名で、夫人がナポレオンから国外追放になった際には、ともに逗留したドイツでゲーテやシラー、シュレーゲルらと交流した。政治家としては変節の連続で、浮き沈みも激しかったが、晩年は王政復古を支持して人気を博し、死去の際には国葬が行われた

中村佳子[ナカムラヨシコ]
1967年広島県生まれ。フランス文学翻訳家。広島大学文学部哲学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

142
読書会のために新訳にて再読。男女の恋愛に於ける昔から不変なものについて、ここまで簡潔に的確に書き上げるものだと改めて感嘆した。若い経験のない女性の悲恋とは違う中年女性の不幸もある。子供と身近な男性に身を捧げることが人生だと思って過ごしていた魅力的な女性が、その魅力に改めて気付いてくれた男性にまさにすべてを預けようとし、その結果、心が再生不能なまでに破壊される事はあるのだ。そして、男の優しさが優柔不断と同意語になる時、関係は抜き差しならなくなる。三島由紀夫は、この作品を読み込んだのではないだろうか。2018/11/10

マエダ

72
あなたを守りますと誓った男に捨てられた女が覚える恐怖、すっかり信じきった後の不信。男たちにしてもそうした悪事を超然と働ける訳ではなく、自分が気軽に結んだ関係を簡単に解消できると思っている。非常に面白い一冊。2018/11/09

みっぴー

48
イライラメーター振り切れました(`皿´)軟弱者、薄情者、人でなし…地位のある伯爵の庇護を捨てて、我が子までも捨ててアドルフと一緒になったのに、アドルフの煮え切らない態度といったら…ドロドログダグダの愛憎劇。『シェリ』のようなピンと張った強い絆は全く感じられず、ぼろ布を繋ぎ合わせたかのような脆く危険な関係。アドルフの前途は暗い。2017/02/20

藤月はな(灯れ松明の火)

39
とっくに意志は固まっているのに状況に流され、めんどくさいことや結論を後回しにするエゴイズム。他人に依存されることに辟易とした感情を感じつつも自分も他人に寄生するように依存しなければアイデンティティが確立しないという皮肉。アドルフは「エレノーラが愛(依存)するために自分の成し遂げたいことが成し遂げられない」と言うが本当にそうだったのだろうか?自分の能力の無さを人に押し付けるのは簡単だが孤独になってまで何かを成し遂げることは難しい。人間関係や社会によるしがらみは決して抜け出せないという哀しみに厭世的になります2014/06/17

fseigojp

32
どうしても別れられない女がいる というコピーで衝動読み 『肉体の悪魔』(ラディゲ)にも影響を与えたという 変化球としては プーシキンのエブゲーニイ・オネーギンがある しかし、本作が著者唯一の小説で、あとは政治思想関連ばかりだとは驚いた2016/12/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8001480

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。