光文社古典新訳文庫<br> 地底旅行

個数:
電子版価格 ¥1,155
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
地底旅行

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月09日 13時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 545p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752774
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

謎の暗号文を苦心のすえ解読したリーデンブロック教授と甥の助手アクセル。二人は寡黙なガイド、ハンスとともに地球の中心へと旅に出た。そしてそこで三人が目にしたのは…。前人未到の地底世界を驚異的な想像力で自在に活写したヴェルヌの最高傑作を、圧倒的な臨場感あふれる新訳で。

著者等紹介

ヴェルヌ,ジュール[ヴェルヌ,ジュール] [Verne,Jules]
1828‐1905。フランスの小説家。「空想科学小説の父」といわれる。ナント市のフェドー島で弁護士の長男として生まれる。一連の空想科学小説を生み出す

高野優[タカノユウ]
フランス語翻訳家。高野優フランス語翻訳教室主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

扉のこちら側

99
2016年366冊め。【181/G1000】ヴェルヌがこの作品を書いた1860年代時点でも、地球空洞説は否定されていた。そこに着目したのだろうか、一流科学者なのに猪突猛進型のおじさんと甥のアクセル、ガイドのハンスが地球中心の旅に出る設定にしたのがおもしろい。作中でアクセルが見るタイム・スリップ的な夢の描写が面白い。高さ9~12メートルのきのこの森も童話的で行ってみたくなる。2016/05/29

巨峰

87
これは、すんごく面白かった。錬金術師の残した暗号文を解読して、地球の真ん中を探る旅にでかける教授とその甥の助手、そして冷静でハードな案内人。地学の知識やアイスランドの風物も興味深く、そして地底深く驚きの真実が・・・文章を読むと映像が無理なく脳裏にうかんできて、まるで極めて良質なハリウッドの冒険映画のようにわかりやすく楽しい。150年も前に書かれたなんて、とてもとても思えない。高野優さんの読みやすい訳文も手伝って500ページ超を一気読みした。超お勧め☆2013/09/13

優希

78
面白かったです。謎の暗号文から地球中心の旅に出るという発想が凄いなと。今まで前人未到だった世界を驚異的想像力で映し出された物語だと思いました。読み継がれる古典というのも納得です。2019/09/03

sin

70
ハピ・バースデイ「SFの祖:ジュール・ヴェルヌ」誕生の前日に無事帰還しました。訳者はこの作品を空想と科学で分析しタイムトラベルであるとの興味深い結論に至っておりその上でSFであるとの意味づけをなされるのですが理論的に分析するあまり大切なものを見失っておられます。そうセンスオブワンダー!後に米で提唱されたこのSFマインドが150年も前のこの作品には横溢しています。即SF!◆英ガーディアン紙が選ぶ「死ぬまでに読むべき」必読小説1000冊を読破しよう!http://bookmeter.com/c/3348782014/02/07

セウテス

62
〔再読〕ある暗号を解読したことから、リーデンブロック教授と甥で助手のアクセルは、寡黙かつ冷静沈着なガイドのハンスを伴い、地球の中を探る旅へと出かける。地球空洞説は、現実の世界では既にありえないと考えられていたのに、あくまでSFの世界で見事に作り上げた作品。3人のキャラクターの兼ね合いや、会話の面白さに楽しんでしまいますが、ちょいちょい出てくる地質学や地理の知識も読み処である。私は本作を読んでいると、サイボーグ009を思い出します。現在では突っ込み所満載ではあるが、色んな作品の元になった偉大な物語だと思う。2018/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7307190

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。