光文社古典新訳文庫<br> オペラ座の怪人

個数:
電子版価格 ¥1,155
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
オペラ座の怪人

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年10月20日 00時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 570p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752743
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

異形の怪人エリックは、愛する歌姫クリスティーヌに秘密の特訓を施して鮮烈なデビューをさせる一方、邪魔者には残忍な手を使うことも厭わない。とうとうクリスティーヌを誘拐し、追っ手を手玉にとったが…幾度も映像化・ミュージカル化されてきた傑作小説の真の「凄さ」を新訳で。

著者等紹介

ルルー,ガストン[ルルー,ガストン] [Leroux,Gaston]
1868‐1927。フランスの小説家。パリに生まれ、大学では法学を専攻。弁護士試補としてキャリアを始め、1894年にジャーナリストに転向。新聞の司法記者として活躍する一方で、1897年に小説『夜の男』、1903年には『宝探しの男』をともに「マタン」紙に連載。1907年には『黄色い部屋の謎』の雑誌連載が始まり、新聞社の職を辞す。ニース転居後、1910年に刊行された『オペラ座の怪人』が好評を博し、一躍人気作家となる。その後は短篇の戯曲化、映画の脚本なども手掛ける

平岡敦[ヒラオカアツシ]
1955年生まれ。早稲田大学第一文学部卒、中央大学大学院修了。フランス語翻訳家。中央大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

124
映画で見ているのでストーリーは知っていましたが、改めて読んでみると純愛とミステリアスな要素が混じっているんだなと思いました。怪人と称されるが為に、愛しの歌姫への屈折した愛情を感じます。彼女への想いがあればこそ、邪魔だと思う者にはどんな手段を使ってでも構わないと思うのがある意味怖さでもありました。愛しい人を恐怖で縛る屈折した想い。愛を求めればこその行為が哀れにも感じます。2017/01/15

財布にジャック

68
大好きな「オペラ座の怪人」が新訳で発売されたのを知り、書店に走りました。読むのに5日もかかったのは、以前の角川文庫版のものと比べながら読んだ為です。内容は熟知しているものの、新たな訳で読むと新鮮で、現代の言葉で大変解りやすくなっていたので感情移入もし易かったです。ミュージカル版には登場しないペルシャ人やラウルのお兄さんの果たす役割の大きさを原作では堪能できて、違った側面から物語を楽しむことが出来ます。ファントムって幽霊って意味なんですが、決して幽霊なんかじゃない主人公の哀しい境遇に叉涙しました。2013/07/16

著者の生き様を学ぶ庵さん

43
長島訳よりもリアルな台詞回し。外見に恵まれないエリックの屈折した愛情が心に突き刺さる。この辺りが光文社古典新訳文庫のいいところ。2016/08/16

りりあ

27
オペラ座の怪人面白かった。 さすが名作です。 オペラ座に住み着く怪人とは? 数々のなぞは? 怪人さんの生い立ちが可哀想で、 情が移ってしまいました。 私はホラーテイストかな? って思ってたけど可哀想な物語 でした。 クリスチーヌの良さはわからないけど まぁよくある話しで。 言わば一人の女性を取り合う物語 です。 ラウールも怪人さんも好きです。 ラウールも怪人さんに恐れず戦うし。 怪人さんは優しいところもあるし。 フランスってロマンスの小説が おしゃれで好きです。 国によって雰囲気が、違うから面白い。2019/08/02

おりん

26
そこそこ面白かった。時代のせいか、全体的に大袈裟な言い回しが多いのと、ヒーロー役の子爵に感情移入しにくいのとで序盤はストレスを感じた。ただ、近現代の話だけあって科学的なものの見方が物語内で確立しているため、その点は良い。この話の肝はやはり怪人であろう。哀しく孤独な悪役であり、読者の感情移入を誘わずにはいられない、とても魅力的なキャラクターだ。舞台のオペラ座も雰囲気があって良い。ホラーであり、純愛ものであり、ミステリでもある、色々詰まった良いエンタメだと思う。2019/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6953059

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。