光文社古典新訳文庫<br> 死の家の記録

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
死の家の記録

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2021年10月27日 04時19分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 741p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752651
  • NDC分類 983
  • Cコード C0197

内容説明

恐怖と苦痛、絶望と狂気、そしてユーモア。囚人たちの驚くべき行動と心理、そしてその人間模様を圧倒的な筆力で描いたドストエフスキー文学の特異な傑作が、明晰な新訳で今、鮮烈に蘇る。本書はドストエフスキー自らの体験をもとにした“獄中記”であり、『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』など後期作品の原点でもある。

著者等紹介

ドストエフスキー,フョードル・ミハイロヴィチ[ドストエフスキー,フョードルミハイロヴィチ][Достоевский,Ф.М.]
1821‐1881。ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、巨大な作品群を残した。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた

望月哲男[モチズキテツオ]
1951年生まれ。北海道大学教授。ロシア文化・文学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

48
凄い作品を読んでしまったという印象です。明確なストーリー性はないものの、それを上回る人間の怖さみたいなものを感じずにはいられませんでした。ドストエフスキー自身がシベリア流刑になった際の体験をもとにしているので真に迫っていますね。囚人たちの異様な雰囲気、「人間離れ」しているようで「人間そのもの」のような顔。全てが監獄の物語ではありながら、本当に人々が囚われているものは何かということをつくづく考えてしまいます。世界最高峰の文学へと続く原点ともいうべき記念碑的作品ですね。2014/07/18

みっぴー

46
ドストエフスキーがシベリアに投獄されていたときの体験を下敷きにした獄中記です。解説には『広義の意味で小説』と書かれていますが、事実を列挙したルポルタージュ形式となっており、物語性は有りません。監獄の風景、囚人の種類、食堂、労働、病院、風呂、動物、体刑。。。当時にしてみれば、一種の暴露本ですね。ドストの崇拝者又は獄中記に興味が有る方以外は、あまりオススメできません(^^;)感情移入できないまま700pはちょいときつい…2016/04/18

ころこ

44
ドストエフスキーが実際に経験し、刑期満了後に書いた後期長編のプロトタイプが本作といわれています。「監獄にいる十年間ずっと、片時も、一分たりとも一人きりになれないことが、どんなに恐ろしくまたつらいことか!」監獄というと、外界と遮断されて孤独と向き合い、罪と向き合い…と考えますが、生きていくために駆け引きを覚え、鍛冶場、鉄工場、木工場、塗装場で技術を覚え、お金を貯めてパンを買う。お金は自由の担保だ。いったいこれは刑罰なのか、それとも信仰に対する受難なのか。癖のある囚人たちとの愛憎半ばする、ロシア社会を凝集した2021/10/11

夜間飛行

36
些細なきっかけで罪を犯した囚人も多く、獄中で苦しむ彼らを見ているとまるで仲間のように思われた。しかし手記の書き手は冷静だ。クリチャプカという犬が毛皮にされる話。またクリコーフら脱走者を熱狂的に支持しながら、彼らの失敗を知って軽蔑し始める人々…こういった挿話をつみ重ね、囚人の残酷さ、愚かさ、孤独、そして無限の可能性が丹念に描かれる。ペトローフの言い放った、「どうしてお前さん方が俺達の仲間なんです」という言葉は私にとっても衝撃だった。人の罪や孤立に深く触れていくドストエフスキーの視線には、温かさが感じられた。2013/11/16

藤月はな(灯れ松明の火)

35
父とは酒を呑み交わしながら罪に対する罰を与える時に必要になってくる公平性、リンチが禁じられている理由、刑務所に入れられることで人間の意志で生活するという自由が制限されるということの重さ、軽犯罪に位置づけられている「乞食罪」が時代によって生まれたということなどを話すことが多い。父が話す内容がこの本から影響を受けたものが多いと知ったのは読了後でした。監獄にも生まれによって階級があること、『レ・ミゼラブル』のティナルデルのような罪を犯したから怖いものはないと勘違いする下劣、囚人にも存在する義憤や神聖さが印象的。2015/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6400941

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。