光文社古典新訳文庫<br> タイムマシン

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
タイムマシン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月28日 12時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 225p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752460
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

時空を超える“タイムマシン”を発明したタイム・トラヴェラーは、80万年後の世界へ飛ぶ。そこは、地上に住む華奢で穏やかなイーロイ人と、地底をねぐらにする獰猛なモーロック人という2種族による原始的な階級社会だった…。SFの不朽の名作を、巽孝之氏の解説で読み解く。

著者等紹介

ウェルズ,ハーバート・ジョージ[ウェルズ,ハーバートジョージ][Wells,Herbert George]
1866‐1946。イギリスの小説家、批評家。ケント州ブラムリーで、商人の子として生まれる。生地商や薬局に徒弟奉公に出されたが、1884年よりロンドンの科学師範学校で奨学生として学ぶ。ここで進化論者である生物学者ハックスリーから影響を受ける。その後、教職に就いたが肺病にかかり、療養中に短篇小説を雑誌に寄稿する。1893年ごろから執筆に専念、自然科学の素養を元に、SF小説のヒット作を続々と生み出す。また、ジャーナリスト、批評家、社会主義者としても旺盛な執筆活動を展開した

池央耿[イケヒロアキ]
1940年生まれ。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

141
タイムマシン的概念が書かれた最初、もしくは初期の話らしい。後発になるとすでにあるものを越えようとする技巧があるだろうが、作者が前例の無いものを書いたこの作品には、素直な不気味さを感じる。文明の発展により人類が失うものへの危惧がよく見てとれる。解説にもあるように、戻ってきたタイムトラベラーが、マトンをまず食したいという自らの思考の行くつくところをわかっていないのが恐ろしかった。2016/05/21

takaichiro

95
124年前に書かれた802,701年の未来社会を描いた本書。単に痛快な物語以上に、人類の運命、宇宙の歴史、階級闘争、性と余暇と労働の変遷、その他諸々について思うさま持論を展開する。現代に至るまで同様の作品は沢山存在しているが、そのオリジナルの完成度は凄まじくハイレベル^_^面白かったな〜^_^地上のイーロイ人は美形ながら幼児にも劣る知性しかないひ弱な人間に退化。地底のモーロック人はハタラキアリだが食糧に困り人肉嗜食に回帰。イーロイ人を家畜化する。なんという対比。時代が進む先でまたいつか読み返したい!2019/07/12

扉のこちら側

83
2016年332冊め。【172/G1000】タイトルになっている割には時間移動の純粋にツールとして使用されるのみで、深い伏線になっていたりはしないのだが、タイムマシンという概念を世に知らしめたのがこちらの作品らしい。約120年前に書かれた、80万年後の未来の世界は人類にとって明るくない。カニバリズム描写と、タイムトラベラーがステーキを食するシーンの暗喩。続いて続編『タイム・シップ』へ。2016/05/16

ゆかーん

70
2002年に映画化された時、ワクワクしながら映画を鑑賞したのを思い出します。この地球の未来はどうなっているのか、想像するのがとても楽しくなります!タイムマシンが完成した2700年の未来では、タイムトラベラーが80万年後の地球へタイムスリップに成功します!そこには地上で生活する肌の白いひ弱なイローイ人と、地底に生活するブヨブヨの肌のモーロック人が生息していました。環境に適応する為とはいえ、進化した人類の姿は、想像以上の迫力です!地球の未来測る物差しがあったとしたら、何千何万もの長さが必要な気がします…。2016/12/27

マエダ

68
”超常の驚異や未知の不思議で読者の戦慄を誘うことを嫌い、驚愕の正体を理解できる形で、自然や宇宙の神秘を理知が解明した結果として読者に提供したいと考えた”と考察される本書、いずれは読もうと思っていたが読めてよかった。2019/03/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4774204

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。