光文社古典新訳文庫<br> 純粋理性批判〈4〉

個数:
電子版価格 ¥935
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
純粋理性批判〈4〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月12日 19時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 366p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334752231
  • NDC分類 134.2
  • Cコード C0197

内容説明

超越論的な分析論を終え、いよいよ超越論的な弁証論が始まる。この巻では、理性の誤謬推論として、心が実体(存在するもの)で、単純(分割できない)であり、破壊できないものであり、不死のものとして身体の死後も滅びることがないという伝統的な形而上学の霊魂論が批判される。

目次

第1部 超越論的な原理論(超越論的な理論学(超越論的な弁証論(純粋な理性の概念について;純粋理性の弁証論的な推論について)))
補遺

著者等紹介

カント,イマヌエル[カント,イマヌエル][Kant,Immanuel]
1724‐1804。ドイツ(東プロイセン)の哲学者。近代に最も大きな影響を与えた人物の一人。『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』のいわゆる三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における「コペルニクス的転回」を促した。フィヒテ、シェリング、ヘーゲルとつながるドイツ観念論の土台を築いた

中山元[ナカヤマゲン]
1949年生まれ。哲学者、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェルナーの日記

220
本作の第4巻。本書から『超越的な弁証論』が始まる。ここでは、前巻で考察した”理性”(理性には2つあって、”論理的な使用能力”&”実在的な使用能力”)の概念を統合(これを”理性の統一”と呼ぶ)し、『原理を作る能力』と規定して知性(訳によっては『悟性』としている)の規則と明確に分けた。ここから3種類の『理性推論』(1.”知性を使って1つの規則(大前提)を考察し、2.”判断力”を使って、ある認識を規則に従って包摂(小前提)する。最後に”理性”を使ってアプリオリに、自身の認識を規則の述語に規定する(結論)。2022/01/03

壱萬弐仟縁

51
徐々に読みたくなくなっていく(汗)。。それでも一つぐらいは、と、人間の最大の自由(傍点)を目的とする体制は、各人の自由が他人の自由とともに共存することができる(傍点)ようにする<法>にしたがって定められる(58頁)。ドイツ人カント、散歩時間厳守のカントらしく、法の峻厳さを垣間見れた箇所である。 2022/07/27

ころこ

42
アンチノミーがなぜ議論になるのかは、本書の該当箇所である超越論的誤謬推理からの結論だからです。人間が主体として人間の限界の内で考えると誤謬が発生する。しかし、それを誤謬といえるからには超越論的な審級がなければ判断できない。そこで超越論的仮象が措定されるのですが…人文学は人間を対象にしているので、主体も対象になる。対象にされている主体の影響は人文学の問題となるという再帰性にも似た考え方ですが、人間は人間の能力の外部にあるモノを想像できるというSFの様な能力があり、人間の素晴らしさと同時に限界でもあります。2022/05/06

chanvesa

10
理性に対する「批判」というか限界性を規定していく過程は難しく、ちっとも理解できないものの、感覚的に納得できる。人間の理性なんて過信してはいけないと最近よく思う。復古的な道徳観ではなく、人間本来の道徳を問い直す必要があると思える。その時143頁の「道徳的な法則は心構えの誠実さという意識を、それがいかなる利益をもたらすものでもないのに、たとえ死後の名声というはかない希望を捨ててでも大切にすべきことを人間に教える」という言葉は、カントがこれまで見せなかった本音であろうし、今でも重い言葉だ。2013/10/26

グスタフ

6
4巻前半は、『理念一般について』。ここでのカントは熱い。プラトンの理想主義に対する全面的な共感。哲人政治は、非現実的であるとの批判に対する反論。『立法と行政が完備されれば処罰など全く不要になるだろう。』人間の道徳性、可能性に対する全面的な信頼がここにある。だから、後半で、永遠の生命を確信することの誤謬を安心して証明することができる。人間は、利害損得抜きに、正しいことを自分自身に課すことは可能なのだ。『永久平和論』をもう一度読み返してみよう。 2012/07/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2052412

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。