光文社古典新訳文庫<br> 盗まれた細菌/初めての飛行機

電子版価格 ¥649
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
盗まれた細菌/初めての飛行機

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 285p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334752088
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

細菌学者の研究室からコレラ菌を盗み出した無政府主義者は、テロを企むか…(『盗まれた細菌』)。操縦経験がないのに、最新の飛行機で無謀にも空へ飛び立った青年が村に大騒動を巻き起こす(『初めての飛行機』)。SFだけではない、ウェルズの新たな魅力を発見できる愉快な11篇。

著者等紹介

ウェルズ,ハーバート・ジョージ[ウェルズ,ハーバートジョージ][Wells,Herbert George]
1866‐1946。イギリスの小説家、批評家。1884年よりロンドンの科学師範学校で奨学生として学ぶ。その後、教職に就いたが肺病にかかり、療養中に短篇小説を雑誌に寄稿する。1893年ごろから執筆に専念、『タイムマシン』『モロー博士の島』『透明人間』『宇宙戦争』など、自然科学の素養を元に、SF小説のヒット作を続々と生み出す。また、ジャーナリスト、批評家、社会主義者としても旺盛な執筆活動を展開した

南條竹則[ナンジョウタケノリ]
東京生まれ。小説『酒仙』で第5回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tetchy

144
“SFの父”と称される、今でも彼の生み出したアイデアが手を変え、品を変え、新たな物語を紡ぎだしているSFの巨匠H・G・ウェルズ。しかし本書に収められた短編郡はそんなSFの巨匠といった堅苦しいイメージを払拭するようなユーモアに満ちた作品が多く収められている。いや正確に云えばその味わいはユーモアよりもシュールである。いやはや私にとってのウェルズの原書体験は子供の頃に世界名作文学集で読んだ『宇宙戦争』で、その内容は世界の破滅を描くディストピア小説でなんとも暗い雰囲気だっただけに、この意外な滑稽さには驚いた。2021/05/24

KAZOO

122
ウェルズというとSF小説、冒険小説を思い出すのですがここには未読の短編小説が10以上も収められていて楽しませてくれました。SFというよりもユーモアあるいは怪奇的なもので楽しませてくれます。表題作2作は楽しめます。さらに付録で楽しませてくれて、本人の若いころと年取ったときの人物像が面白いですね。2018/02/23

takaichiro

92
英国作家ウェルズの短編集。テーマと詩的表現の組み合わせが独特。読みやすくはない。その他の特徴として自然科学とユーモアの融合実験的な試みがある。理系大学院生が「サイエンス」と「ウケ」を同時に表現する空想・妄想作品を書きたいと思ったらこんな感じになりそう。ユーモアはブラック系。星新一さんのSFショートショートを長めにして自然科学の知識を嫌味なく挿入した様な作品構成。一般大衆より、エリート層に向けたメッセージが込められているのかも。凡人の脳にはそれぐらいしか解釈できず、さらに読書道の険しい山を登る決意を固める。2019/08/10

マエダ

60
表題作の盗まれた細菌はウィットが利いていて面白い。2018/10/15

巨峰

40
作者は、イギリスのSF小説の元祖といっていい人だそうです。少しユニークで少し不思議な感じがします。既視感のあるものもありますが、多分ウェルズはその流れのはじめにいていた人なのでしょうか。最後の2編が面白い。なんてわがままで人騒がせなんだw唖然とするwww2010/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/611790

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。