光文社古典新訳文庫<br> 嵐が丘〈下〉

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
嵐が丘〈下〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月02日 22時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 444p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334752002
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

ヒースクリフはリントン家の娘イザベラを誘惑し結婚する。一方、キャサリンは錯乱の末、娘を出産して息絶える。キャサリンの兄ヒンドリーもヒースクリフに全財産を奪われてしまう。ついに嵐が丘を我が物としたヒースクリフだが、その復讐の手は次の世代へとのばされていく。

著者等紹介

ブロンテ,エミリー[ブロンテ,エミリー][Bront¨e,Emily]
1818‐1848。イギリスの小説家、詩人。「ブロンテ三姉妹」の2番目(姉シャーロット、妹アン)。ヨークシャの牧師の家に四女として生まれる。1820年、一家はハワースの牧師館に移り住むが、翌年、母を亡くす。’42年、姉シャーロットとともにブリュッセルに留学。’46年、三姉妹合作で『カラー、エリス、アクトン・ベルの詩集』を自費出版するが成功しなかった。’47年、アンの『アグネス・グレイ』と同時期に『嵐が丘』を出版するが、厳しい評価を受ける。’48年、結核を患い30歳の若さで死去。没後、『嵐が丘』の評価は高まった

小野寺健[オノデラタケシ]
1931年生まれ。英文学者、翻訳家、横浜市立大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

molysk

75
愛するキャサリンはもうこの世の人ではない。二人を引き離した、憎むべきアーンショウ家とリントン家から、すべてを奪い去ったヒースクリフ。両家の子の世代にも復讐を成し遂げた末に、ヒースクリフが目にしたものは――。ヒースクリフとキャサリンは、魂の深いところでつながっていた。しかし、愚かな選択の結果、互いの半身を失った。呵責は復讐へと姿を変えて、自身を含めたすべての人々を破滅へと追い込む。だが、次の世代には、再生への萌芽を見つつあった。これを目にしたヒースクリフの胸によぎったのは、悔恨だったのか、満足だったのか。2021/09/26

アナーキー靴下

71
再読だから結末は知っていたのに、呆然となる程良かった。語り手の妙だけでなく幾多の要素が複層的にこの物語を魅力的にしている。キャサリンとヒースクリフの関係は甘いロマンスではなく、互いを半身とまで考える魂の物語。ヒースクリフは復讐に身を窶すが、復讐で一番傷付くのは自分自身。それを厭わぬ強い愛が二人を結び付けている。しかし人間嫌いのロックウッドと比べると、ヒースクリフを人間嫌いとは全く思えない。求めよさらば与えられん、受動的なヒースクリフは常に相応の応酬をするだけで、周囲は勝手に自分の影に怯えているように思う。2023/08/17

ころこ

45
「ヒースクリフは言いました。「何しろお嬢さんには、リントンと結婚するか閉じこめられているしか、道はないんだからね。」キャシーに言った言葉だが、作者自身に向けられている。そして、ヒースクリフも、また作者自身なのではないか。似たような姉弟、似たような構成の一族、同じ名前の親子は、作者ブロンテ姉妹のことを想起させる。周囲で兄弟姉妹が次々に亡くなっていき、ついには本人が亡霊になる。閉塞した家を物理的には破壊しないで、男女の精神的な統合によって脱出することを願ったのは、何より作者ではなかったか。不思議な小説だ。2023/09/24

長谷川透

35
ヒースクリフの行為を復讐と名指してしまうことを僕は躊躇う。超絶した愛と呼んだ方が相応しい。現実には叶わなかったキャサリンとの恋を、ヒースクリフが抱える空虚を、彼はどんな形であれ埋め合わせる必要があり、どの埋め合わせさえも、彼の慰みにはならなかっただけなのだ。それは叶わなかった恋を次世代に託しても、キャサリンとの思い出の場所を奪還したとしても、だ。今回は再読になるが、やはり素晴らしく面白い小説で、深みが増した気がする。荒削りとも言われるが、この荒削りっぽさが意図的ならば著者は天才を通り越した怪物である。2013/01/31

ねこまんま

34
時代も国も違うので、理解しにくい事は分かるのだが、人物の感情だけが全面に出てくるので、そこに至るまでの状況や背景が分からず結局ヒステリックで変な人たちの話っていう印象しか残らない。映画を見て、二人の愛やヒースクリフの憎しみと狂気が分かって、面白いと思ったけれど、なんか文章だけでは私にはわかりにくかったです。2017/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/550143
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。