光文社古典新訳文庫<br> 嵐が丘〈上〉

個数:
電子版価格
¥693
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
嵐が丘〈上〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年05月30日 11時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 346p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751999
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

ヨークシャの荒野に立つ屋敷“嵐が丘”。その主人が連れ帰ったヒースクリフは、屋敷の娘キャサリンに恋をする。しかしキャサリンは隣家の息子と結婚、ヒースクリフは失意のなか失踪する。数年後、彼は莫大な財産を手に戻ってきた。自分を虐げた者への復讐の念に燃えて…。

著者等紹介

ブロンテ,エミリー[ブロンテ,エミリー][Bront¨e,Emily]
1818‐1848。イギリスの小説家、詩人。「ブロンテ三姉妹」の2番目(姉シャーロット、妹アン)。ヨークシャの牧師の家に四女として生まれる。1820年、一家はハワースの牧師館に移り住むが、翌年、母を亡くす。’42年、姉シャーロットとともにブリュッセルに留学。’46年、三姉妹合作で『カラー、エリス、アクトン・ベルの詩集』を自費出版するが成功しなかった。’47年、アンの『アグネス・グレイ』て同時期に『嵐が丘』を出版するが、厳しい評価を受ける

小野寺健[オノデラタケシ]
1931年生まれ。英文学者、翻訳家、横浜市立大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

154
家族や隣人への愛が感じられない。まったくひどい話。面白くないのではない。リーダビリティは凄く高いと思う。ただ、登場人物たちがみな、ヤサグレ、荒れていて、互いに傷つけあうことに気が滅入る。富については失う者も得る者もいるが、幸せは一体誰が得たというのだろう。入り込んだあの男は、悪魔なのかもしれない。まず、復讐をする権利などないと思うのだ…。そして、ネリーのような女をなぜ置いておくのだろう。思いやりのある乳母さえいればこんなことにはならなかったのに。設定がとても稚拙で作者のご都合と思えて仕方ない。2017/10/15

アン

115
イギリス北部ヨークシャの荒野にそびえるアーンショウ家とリントン家。アーンショウ家の主人が連れ帰った得体の知れない孤児の少年ヒースクリフ。娘キャサリンは彼と仲良くなりますが、彼女は裕福な隣家の息子エドガーと結婚。幼馴染のヒースクリフは失意のなか姿を消します。侮辱や虐待、身分差と孤独。登場人物たちの粗野な言動は恐ろしく唖然としますが、キャサリンがヒースクリフの存在について語る場面が印象的です。エドガーとヒースクリフの板挟みになったキャサリンは苦しみ、次第に狂気を帯び…。下巻へ。 2021/07/25

アナーキー靴下

78
20代の頃、別出版社版で読んだが、登場人物が罵り合うばかり、情景も真意も掴めない話に心底疲れた記憶がある。今回新訳で再読したが、訳のおかげは勿論、朧気ながら筋書きが頭にあるためか、非常に読みやすく、心に強く触れる物語だったとわかり驚く。語り手は人間嫌いのロックウッドと使用人のネリー。善悪も好き嫌いも強いフィルターがかかっている。特にネリーにとっては、世話のかからない人間程好もしく、その評価は対等な関係においてはまったくそぐわないだろう。人を惹きつけるのは上っ面ではなく、奥にある、時にどろどろとした何かだ。2023/08/16

molysk

71
強風吹きすさぶヨークシャーの荒野、「嵐が丘」。アーンショウ家の屋敷に、孤児ヒースクリフが連れられてくる。ヒースクリフと屋敷の娘キャサリンは想い合うが、キャサリンはリントン家に嫁ぐ。数年後、財産を手にしたヒースクリフは、再びこの地を訪れるが――。ヒースクリフの仮借なき復讐は、いまだ恋焦がれるキャサリンへの愛情の裏返しなのか。姉シャーロットの著した「ジェイン・エア」は、過酷な運命を乗り越える主人公の心には、神の助けがあった。妹エミリーの本作で印象的なのは、自らのみを信じて、ひたすら破滅へと突き進む主人公の姿。2021/07/31

巨峰

39
高名な「嵐が丘」をはじめて読みました。激しい風雨、暗い空、重い雲、色のない草原そんなイメージで読みました。 しかし、ここまで、狂気に満ち満ちた小説はこれまでに読んだ記憶がないです。 立派な人物など誰一人登場しない。理性も知性も感じない。激情と感情。暗い人間性。 性善説なんて、この小説の前では、どんだけ奇麗事なんだろうと思ってしまいます。 特に前半はあまりにもえぐい展開です。その暗さには少しだけ心惹かれますが。2010/03/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/493115
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。